ベビーローションが効かない赤ちゃんに本当に使わなくちゃいけないものとは?

赤ちゃんにベビーローションを使っているのに、こんな悩みはありませんか?

・赤くなってぶつぶつができた

・潤っていない気がする

・塗らないとカサカサなのでなんとかしてあげたい

赤ちゃんの肌はまだ未熟で、お風呂上がりやおしりを拭いたあと肌を保湿して守ってあげないと、乾燥してカサカサになってしまいます。

でもベビーローションはちっとも効かないそういうママも実は多いんです。

このページでは、

・ベビーローションを塗っても効かない理由

・赤ちゃんに本当に必要な保湿

について書いていきます。

赤ちゃんの肌をスベスベしっとりにしてあげたいママは、ぜひ参考にしてみてください。

ベビー用と書いてある商品でも危険

実は市販で出回っているベビー用のスキンケアは「本当に赤ちゃんに使っていいの?」と疑問を持つくらい成分が微妙なものが多いです。

わざわざ赤ちゃんのために、と購入しているママも多いと思うのでひどい話ですよね。

でも企業はコストを抑えるために安価で手に入る材料を使って、儲けの為に大量生産するところが多いのです。

例えば、ベビーローションやベビーオイルに多く含まれている成分は、以下のようなものがあります。

ミネラルオイル、ジメチコン、パラベン、着色料、香料など。

ミネラルオイルは石油を生成した鉱物油で、ジメチコンも石油から作られます。

着色料には発がん性を指摘されているものもありますし、香料も人工的に作られた化学物質ですから、肌にとっては刺激です。

これら以外にも、残念ながらベビー用のスキンケアには、肌の刺激なるものが多く使われています。

国で定めた「健康を害しないとされる量」を守れば、化粧品に使ってもいいことになってますし、何より安価です。

ドラッグストアで数百円くらいで売られているものが、「肌にすごくいいもの」とはやはり考えづらいのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんのスキンケアは本当に大切

赤ちゃんは腸の中の免疫細胞が少なく不安定なため、肌も弱いことが多いです。

上記に書いたベビーローションが、こんなデリケートな肌に良くないことは、すぐにお分かりいただけると思います。

でも、だからといって何も塗らないものもリスクがあるんです。

赤ちゃんのころにあまりに乾燥した状態が続くと、肌バリアが壊れ、アトピー性皮膚炎などのリスクが高くなることがあります。

またガサガサで皮膚が固くなってしまうことも。

おむつかぶれや赤いぶつぶつなど、赤ちゃんの頃は本当に皮膚トラブルが多いもの。

しっかり強い肌になるまでは、保湿して肌バリアを作っておくことが大切です。

赤ちゃんの肌にはどんなスキンケアをしたらいいのか?

結論から言うと、赤ちゃんのスキンケアは無添加のものがおすすめです。

弱い肌に負担になるようなものが入っていないローションやクリームを選んでください。

そしてしっかり肌のバリアになってくれるものがいいです。

その点から考えると、ローションは肌に吸収され、直ぐになくなってしまいます。

肌をしっかり覆ってくれるクリームなどがいいですね。

私は、乾燥した肌を一度塗ると8時間守ってくれる保湿材を使っていて、子供の肌はツルツルになりました。

以下で紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

⇒ 乾燥しがちな赤ちゃんに安心して使える保湿剤ランキング

赤ちゃんの肌をすこやかに保つためにやってはいけないこと

以下の2点はありがちですが、デリケートな赤ちゃんの肌には良くないです。

・ベビー石鹸を使う

・洗濯洗剤も気をつける

ベビー石鹸を使う

ベビーせっけんは特に液体で出来ているものは、刺激が強い可能性があります。

固形の石鹸でも、原材料は確認しましょう。

液体のものは、液状にするために界面活性剤を使っています。

大人でも肌あれを起こしてしまうほど清掃力が強く、肌に必要な皮脂も洗い流されてしまいます。

生後6ヶ月までの赤ちゃんは新陳代謝が活発で、石鹸を使ったほうがいいとされていますので、そのときは固形の無添加石鹸を使ってください。

また生後6ヶ月を過ぎた赤ちゃんは、カサカサが続いているようなら、お湯で流すだけでも十分ですよ。

洗濯洗剤も気をつける

赤ちゃんの肌が乾燥しているということは、それだけ肌バリアも弱くなっているということです。

その状態だと、洗濯洗剤の刺激にも反応してしまうかもしれません。

洗濯洗剤には界面活性剤が入っており、どんなに流しても布に残ります。

赤ちゃんのカサカサがよくなるまでは、洗剤も無添加のモノを使ってあげましょう。

まとめ

ベビーローションが効かない赤ちゃんに、本当に使ってあげたいもの、そして肌がカサカサなうちは気をつけたほうがいいことを書いていきました。

弱かった肌も、成長につれて徐々に強くなっていきます。

いずれは無添加の洗剤もスキンケアも、必要なくなる日が来るかもしれません。

その日まで、ママが赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする