【産後の抜け毛】分け目が気になるママが若返るおすすめのヘアスタイル

産後の抜け毛が多く、分け目が薄くなってきたことが気になるママも多いと思います。

なんだか老けて見えるし、悲しくなりますよね。

私も一時期、帽子が手放せなくなったり、自分に自信を失ったりしました。

そんな経験を踏まえて、ここでは、

・産後の抜け毛、分け目が特に気になる3つの理由

・気になる分け目対策!産後ママにおすすめの2つのヘアスタイル

をご紹介します。

産後のヘアスタイルに悩んでいるママの力になれれば幸いです。

産後の抜け毛、特に分け目が気になる3つの理由

産後、分け目が気になり出すのには、以下の3つの理由があります。

1.ロングヘアである2.ずっと同じ分け目である

3.新しい髪の毛が生えはじめて、ヘアスタイルが決まらない

1.ロングヘアである

髪の毛の抜け方や抜ける箇所は、実は人によってさまざま。

しかし、分け目が気になる多くは、ママの髪型がロングヘアである場合があります。

ショートヘアの場合、抜け毛がひどい場合でも、分け目そのものはあまり目立ちません。

短い髪の毛は、毛髪そのものが軽く(ふわっと)立ち上がった状態。

そのため、整髪料でピシッとセットしない限り、分け目がはっきりと分かれないのです。

一方、セミロング~ロングヘアで髪を左右に分けるヘアスタイルの場合、必然的に分け目が発生します。

この時ロングヘアの場合は、毛髪自身の重さで立ち上がらず、生え際がぺシャンとしてしまうのです。

産後は特に、

・髪の毛に栄養が行き渡らないこと

・ホルモンバランスの崩れ

により、コシや艶もなく、抜け毛も発生している状態。

このため、余計に地肌が露出し、分け目が目立ってしまう事が挙げられます。

2.ずっと同じ分け目である

長年ヘアスタイルを変えずに、分け目が同じである場合も理由のひとつに数えられます。

分け目がずっと変わらない=長年、同じ地肌がずっと露出している、と同じ事です。

頭皮は、本来、髪の毛で覆わなくていけないほどデリケートな部分です。

紫外線や外気にさらされる事で、より一層抜け毛や薄毛になってしまう事もあります。

また、髪の毛をきつく結ぶヘアスタイルをずっと行う事もあまりお勧めはしません。

髪の毛は引っ張られることでも抜けてしまいます。

実は、これは牽引性(けんいんせい)脱毛と名称がついている症状です。

毎日同じ髪の毛をきつく結ぶヘアスタイルが定番化していると、産後の抜け毛だけでなく、分け目へのダメージと同時に、この牽引性脱毛も一緒に起こしている可能性があります。

3.新しい髪の毛が生えはじめて、ヘアスタイルが決まらない

髪を梳かすたびに絡みつく抜け毛にばかり目が行きがちですが、実は新しく生えている髪の毛にも原因があります。

髪の毛は、産前産後と関わらず、新しい髪の毛が生えると同時に、古い髪の毛が押し出されるように抜けていくサイクルを繰り返します。

産後は、抜けるサイクルが早く、新しく生えるスピードが追い付かない事から抜け毛が多くなり地肌が目立つようになるのです。

そのため、新しく生える髪の毛も、セットしにくいほど短い、ピンピンと跳ねたような毛が目立つのが特徴です。

普段なら、分け目から櫛を通すだけでまとまる髪型も、新しく生えてきた毛髪が短すぎて落ち着かず、立ち上がってしまう事から気になってしまう事があります。

スポンサーリンク

気になる分け目対策!産後ママにおすすめの2つのヘアスタイル

産後はどうしても抜け毛が増え、

分け目が気になります。

そんなママへおすすめのヘアスタイル2選です。

1.分け目を変える2.ショートヘアにする

1.分け目を変える

分け目や生え際の薄さが気になる場合、一番、早い方法は分け目を定期的に変えてしまう事です。

・あえて分け目をぴったりと分けずに、ジグザグにしてふんわりとしたトップをつくる

・ソフトリーゼントやポンパドールなどのアップスタイルにする

・カチューシャやヘアバンドで前髪をあげる

など、日々いろんなヘアスタイルをアレンジすることで、分け目が定まらず、地肌を目立たなくする方法です。

慣れるまでは、髪型がしっくりこなかったり、ヘアセットが難しい場合もありますが、これまでしたことのないアレンジで、新しい自分を発見することも。

おくれ毛やピンピンと跳ねる髪の毛をまとめるためのクリームなどを使用すると、きれいにまとまるのでひとつ持っておくとよいでしょう。

2.ショートヘアにする

テレビで見かける年配の女優さんを観察していると、ショートヘアの方が多い事がわかります。

もちろん、ロングヘアの方もいますが、前髪を大きく立ち上げていたり、ウィッグを使用して、ボリュームを持たせていることがほとんどです。

髪のボリュームは、若さや美しさへの影響が大きく分け目や生え際がわからないようにする工夫がなされています。

ショートヘアは、分け目が目立たず、毎日のヘアセットも簡単。

若々しく美しさを見せる事ができます。

特に育児中は、髪の毛が邪魔にならない事も助かるポイント。

ショートヘアにすると、新しく生えてくる髪の毛の立ち上がりも、目立ちにくくなるので、産後のママには特におすすめです。

まとめ

産後は、ホルモンバランスの影響により、髪の毛のコシや艶がなくなったり、抜け毛が多くなることで、生え際や分け目が目立つことがあります。

産後の抜け毛は、いずれ治まるもの。

また新しいヘアアレンジやショートヘアなども試してみて、ママがスタイリングしやすいヘアスタイルを見つける事で、この時期を乗り切ってみてくださいね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする