【ユースキン】赤ちゃんのアトピーに使える?かゆみを鎮める3つの対策とは

赤ちゃんがアトピーになってしまうと、

・寝ている間に痒そうに体をクネクネしたり・かきむしったり

本当に見ていて可愛そうですよね。

熟睡できないため、昼間も機嫌が悪かったりして、ママも大変です。

ドラッグストアで気軽に買える保湿クリームとして、ユースキンがありますが、

赤ちゃんのアトピーに良いのか?

気になったことはありませんか。

まだ未熟でトラブルが起きやすい、赤ちゃんの肌。

危険なものは使わずに、赤ちゃんの肌を潤し、

かゆみを止めてあげたいママは、ぜひこの先を読んでみてください。

ユースキンは赤ちゃんの肌にもいいの?

ユースキンはとても身近なクリームなので、手に入りやすいのがいいところです。

手荒れのお手入れなどで、使っているママも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんのアトピーや乾燥肌に使うときは、一番注意したいのはその成分です。

優れた保湿効果があっても、肌に刺激になるようなものはあまりお勧めできません。

ユースキンAのクリームの成分を見てみると、以下の5つのものが少し気になりました。

ポリソルベート80、自己乳化型ステアリン酸、グリセリンはともに合成界面活性剤で、

品質の低下を抑えたり、使い心地をよくする働きがあります。

これらは問題ないとする人もいますが、

赤ちゃんの肌には、なるべく使いたくないものですね。

トリエタノールアミン、エデト酸Na 、パラベンなども入っていましたが、

やはり赤ちゃんの肌にはどうか?と思いました。

私が自分の子供に塗るクリームなどを選ぶときは、これらはなるべくなら避けたい成分です。

特にアトピーの赤ちゃんは、肌が敏感ですから、刺激の強いものは入っていないほうがいいですね。

よってユースキンをこれから使ってみようか?

そう思っているママは、少し考えたほうが良さそうです。

スポンサーリンク

赤ちゃんがアトピーだと思ったら試したい3つの対策

次に赤ちゃんがアトピー、またはアトピーかも?という場合に、ぜひ以下の3つを試してみてください。

・小児科か皮膚科で診察を受ける

・体を温めすぎない

・赤ちゃん専用の保湿剤でかゆみを沈めてあげる

小児科か皮膚科で診察を受ける

もしもまだ病院で診察を受けたことがない、またはある場合も、もう一度皮膚科か小児科で皮膚の状態を診てもらいましょう。

赤ちゃんでも使える保湿剤(プロペトなど)や弱いステロイドを処方してくれます。

特に痒くて眠れない毎日が続いていると、赤ちゃんの成長にも影響します。

「ステロイドが嫌」というママも多いですが、(私も嫌です(^_^;))

炎症を沈めてかゆみを止めるためには、必要なこともあります。

体を温めすぎない

赤ちゃんの皮膚のカサカサや赤みは、乾燥する冬に悪化することが多いですね。

でも、寒いからといって厚着をさせたり、布団を重ねたりするのはあまり良くありません。

必要以上に体温が上がりすぎると、余計に痒さが増してしまいます。

寝るときに痒がったら、お布団の枚数を減らす、

衣服を一枚脱がすなど、調節してみてください。

赤ちゃん専用の保湿剤でかゆみを沈めてあげる

これは私が実際に使った方法ですが、皮膚科でもらった薬を使い続けるのが心配だったので、赤ちゃんの肌をしっかり保湿してくれるものを探しました。

そして薬のように心配の副作用がない、赤ちゃんの肌に優しい保湿剤を見つけました。

⇒ 赤ちゃんの肌にバリアを作る保湿剤ランキング

私は一番上に紹介しているものを使っていますが、これを塗ると肌の中にバリアができ、外からの刺激から守られるのでかゆみが止まります。

うちの子は言葉が話せる大きさだったので、「かゆくない」とポツリ言いました。

赤ちゃんのアトピーは、成長とともに軽くなることもありますが、それまではとこれで沈めてあげていました。

今は綺麗な肌になっていますよ。

アレルギーのテストをしてみるのも大切です

生後数ヶ月でアトピーと言われたら、血液検査をして、アレルゲンを(アレルギーを起こす原因となるもの)特定するのも良いですよ。

離乳食であげてはいないものが分かると楽ですし、少しずつ成長とともに与えるようにすると、いずれ食べれるようになったり、皮膚に症状が出なくなることもあります。

赤ちゃんのうちはまだ腸内の環境が整わず、免疫力も低いので、いろんな食品に反応してしまいます。

何で反応しているのか?

知っておいたほうが良いこともあるので、興味があるママは医師に相談してみてくださいね。

まとめ

赤ちゃんのアトピーにユースキンで保湿してもいいのか?

気になる成分や皮膚への刺激、赤ちゃんのアトピーに試してあげたい、3つの対策をご紹介しました。

かゆみは大人でも辛くストレスになります。

言葉が離せない赤ちゃんは、もっと辛いです。

なので、まずはかゆみを抑えてしっかり保湿する、ここに注目して、ママも対処法を選んであげてください。

    

お子様のための貯蓄や学資保険もう始めましたか?

子供ができると、今までよりお金のことがとても気になりますよね。

今はまだ小さいけれど、この先どれくらいかかるのか?

どれくらい用意しておけばいいのか?

私もとても不安でした。

そんな時、先輩ママ友に「子供が小さいうちにしっかり貯めておかないと、これからどんどんお金がかかるようになって大変だよ」と言われたんです。

幼稚園に行く頃になると、習い事が増えたり、小学生になると塾へ通うようになったり・・・

まだ自分の子供が赤ちゃんだったので、想像はできなかったのですが漠然とした不安がわきあがってきました。

そこで、学資保険をいろいろ調べてみることにしたんですね。

せめて学費くらい貯めておけたらいいなと思って。

ところが、資料をいくつか取り寄せても私に理解能力がないのか「で、結局どこがいいの?」と全然わからなくて。

ママ友に聞いても、パパの年収や兄弟の数も違うので、参考にならなかったんです。

学資保険を選ぶのって、思っていたよりずっと大変

 

そんな時、保険見直しラボと言うところを見つけました。

よくある保険の相談ができるところなのですが、自宅にファイナンシャルプランナーが来てくれるんですね。

うちの子はぐずると手がつけられないほど泣くこともあるし、近くに保険が相談できるところもなかったので、家に来てくれるところがとても助かりました。

また、相談に乗ってくれるのは、保険屋さんではなくファイナンシャルプランナーと言う点もメリットでした。

保険屋さんだと、どうしてもその会社の商品を勧められますが、ファイナンシャルプランナーだと、たくさんある保険会社から、最適なものを選ぶことができます。

また驚いたのは、その説明のわかりやすさ!

 

理解能力のない私でもすごくわかりやすかったし、なんと我が家はパパの保険も一緒に見直すことで、9000円弱も保険料が安くなったんです(*゚▽゚*)

その浮いたお金を学資保険に回したことは言うまでもありません。

おかげで、予定してたより負担も増えずに、子供のための準備ができるようになりました。

もし、まだ学資保険に入っていなかったり、将来へ向けて貯蓄できるか心配がある場合は、保険見直しラボに相談してみるといいですよ!

(知らない人が家に来るのが苦手なら向きませんが)

今の家計の状態もよく分かりますし、お金がどれくらい用意できればいいのか、そのためにはどの保険がいいのかなど、とてもよくわかります。

うちは二人目もすぐに考えているので、そのためのシュミレーションもしてもらいました。

保険って誰に相談すればいいのかよくわからかったですが、案外気軽に相談できて、我が家に一番お得な方法も教えてもらえて、特した気分です。

何より、将来の不安が減ったのがとても良かったですよ♪

もちろん、相談は無料です^^

 

⇒ 保険見直しラボで将来の安心を相談してみる

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする