生後3週間でおしゃぶりは早い?デメリット3つとメリット2つから考える

世の中には、育児のためのハウツー本がたくさん出回っています。

でも書いてあることは、必ずしも正解ではありません。

その中でも悩みの種なのが「おしゃぶり」。

「おしゃぶりは赤ちゃんに良くない」

「おしゃぶりは親が楽したいだけ」

・・・みたいな言葉、きっと聞いたことあると思います。

でも、それって本当なんでしょうか?

おっぱいを欲しがって泣いてばかりの赤ちゃんは、その都度おっぱいをあげていると、飲み過ぎて吐いてしまうこともあります。

その代わりにおしゃぶりを与えると、安心してすやすや寝てくれたり。

「特に、自分で飲める量がわかっていない生後3週間ごろの赤ちゃんには有効的です」

おしゃぶりは本当に悪いものなのか?

それとも、使いようによっては大丈夫?

その疑問に答えるべく、今日はおしゃぶりについてまとめてみました。

育児は人それぞれですから、

「ダメっていう人もいるから・・・」

と後ろめたさを感じることはありません!

メリットとデメリットをしっかり知って、

自分の赤ちゃんのためにママが考えてあげましょう。

おしゃぶりはいけないもの?与えるデメリットは?

おしゃぶりを与えることによって生じる悪影響として、以下のことが挙げられています。

中耳炎のリスクがある

口をふさぐので空気の通りが悪くなり、

中耳炎になりやすい、というものです。

乳頭混乱

おしゃぶりとママのおっぱいの区別がつかなくなる。

その結果、ママのおっぱいを飲んでくれなくなって

しまうというものです。

歯並び悪化

強く咥えすぎる赤ちゃんは、

それによって歯の成長を妨げると言われています。

おしゃぶり依存

おしゃぶりを与えて泣き止ませることを繰り返していると、

大きくなってもおしゃぶりを卒業できなくなると言われています。

スポンサーリンク

おしゃぶりを与えるメリットは?

上で述べたように、おしゃぶりに対しては

否定的な意見も多いのが現状です。

もっとも、実際にそれらの悪影響が出たというよりは、

「親が泣き止ませる手間を省いている」

「楽をしている」という印象が根強く、

それに対する反発がほとんどのようですね。

逆に、おしゃぶりを与えることのメリットと言われているのは以下です。

鼻呼吸を促進できる

赤ちゃんは、おっぱいを飲むときは

上手に鼻呼吸できるのですが、

それ以外は口呼吸になりがち。

おしゃぶりを与えることで、

授乳中以外も鼻呼吸を行い、

習慣づけることができるとされています。

乳幼児突然死症候群の予防になる

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、

1歳未満の赤ちゃんが、何の予兆もなく

突然死してしまうことを指します。

メカニズムは解析されていないのですが、

おしゃぶりを使っている赤ちゃんは、

このリスクが少ないことがわかっています。

なるべくおしゃぶりをあげたくない!でも泣いている時はどうすればいい?

頻繁におっぱいを欲しがって泣く赤ちゃんには、

その度におっぱいをあげていると、

飲み過ぎてしまうことがあります。

そういう時におしゃぶりを与えると、

飲み過ぎを防ぐことができます。

ただ、どうしてもおしゃぶりを使いたくないという時は、

辛抱強く抱っこであやすのがいいでしょう。

おっぱいを欲しがってもお腹がすいているとは限らず、

不安や不快感をおっぱいの安心で癒しているだけ、

ということがあります。

なので抱っこで安心したり、

泣き疲れたりすれば落ち着いて寝てくれるのです。

お腹が空いているのか?

それとも不安でおっぱいを吸いたいのか?

赤ちゃん自身にもわかっていません。

だから、飲み過ぎて吐いてしまうのはさほど珍しいことではなりません。

生まれたての赤ちゃんは満腹になったかどうかがわからず、反射で吸えるだけ吸ってしまうのです。

完全母乳なら、

「お母さんがカロリーをとりすぎたりしていない」

なら、欲しいだけ与えても問題はありません。

ミルクよりカロリーは低いですし、

一時的に少し体重が増えても、

母乳をいつまでも飲むわけではないので大丈夫です。

このように、おっぱいのあげすぎを心配している場合は、おしゃぶりに頼らずとも今のままでいいでしょう。

まとめ

以上、おしゃぶりのメリット・デメリット、

そして頻繁に泣いてしまう赤ちゃんへ

おっぱいをあげていいか?のまとめでした。

おしゃぶりはメリットもあることがわかっていますから、

生後3週間から使うのであれば上手く、

部分的に効果的に使いたいですね。

よそのママや、家族から

「おしゃぶりを使っているなんて」

と言われてしまうとイラッとしますが、、、

その時は、ここにまとめたことを話して、

赤ちゃんのためなんだよと教えてあげてください!

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする