産後3ヶ月もたつと、赤ちゃんもだいぶ寝てくれるようになり、睡眠時間を確保できるママも増えてくるでしょう。

それなのに、

・急に体がだるくて疲れやすい

・ごはんを食べないとフラフラする

・やらなくちゃいけないことがたくさんあるのに、ぼーっとしてしまう

こんな状態ではないですか?

もしもあなたが産後3ヶ月過ぎてこの様な状態なら、この先を読みすすめていただけたらと思います。

同じくらいの赤ちゃんを持つママでも、元気に赤ちゃんとお出かけして、ハツラツをしている人がいますよね。

「なんで自分はこんなにどんよりしているの?」「いつになったら元気になるんだろう」と不安になったり、自分を責めたくなることもあるかと思います。

このページでは

・なぜ産後3ヶ月は疲れが取れないのか?

・元気な自分を取り戻すためには何をすればいいのか?

などをご紹介します。

元気な自分を取り戻せば、パパのお世話もできるし、赤ちゃんの育児ももっと余裕が出てきて、毎日がもっと楽しくなりますよ。

参考になれば幸いです。

産後3ヶ月たっても疲れがとれないのはなぜ?

赤ちゃんを生んで3ヶ月もすると、お世話にもだいぶ慣れ、生活サイクルもできてきます。

でも実は、ママの体は思っているより回復していません。

まだホルモンのバランスは整っていませんし、その影響で自律神経も乱れていることが多いです。

出産から今までの疲れが、まとめて出てくるののもこの頃。

赤ちゃんを産んでからは、いわゆる「産後ハイ」の状態ですが、3ヶ月でそれも落ち着き、急に自分の体に目が向くということもあるでしょう。

赤ちゃんが生まれてからずっと、自分のことは後回しですから、ある意味これはしょうがないです。

体力の回復にはとても個人差があります。

だから「なんで自分ばかり」なんて思わなくて大丈夫です。

特に母乳育児のママは、栄養をしっかりとっても、どんどん赤ちゃんに取られてしまいます。

・なんにも手につかないほどぼーっとしても

・気持ちが不安定で悲しくなっても

・とにかく疲れがとれない

こんな状態でも、全然普通なんですね。

産後3ヶ月に疲れがとれないママを元気にする5つの秘策

産後、どうしても辛い時は、ぜひ以下の5つを試してみてください。

・思い切って実家に帰ってみる

・食事・家事は手抜きさせてもらう

・散歩と買い物を同時に

・とにかく赤ちゃんと一緒に眠る

・代謝酵素を活性化して疲れの元を追い出す

思い切って実家に帰ってみる

里帰り出産をした方は、もう一度帰る、というのは気が引けるかもしれません。

特にパパが帰宅してからいろいろ手伝ってくれる場合、言いづらいかもしれませんね。

でも昼間はどうしても赤ちゃんと二人きりで、自分のことは大切にできません。

もしも可能なら1週間くらい、実家に帰ってサポートを受けるのも、体が休まりリフレッシュできますよ。

食事・家事は手抜きさせてもらう

産後3ヶ月たっても疲れが取れないときは、食事のしたくや家事は手抜きしましょう。

  • 時間のあるときに作り置きする
  • レトルトや冷凍食品を最大限に使う
  • 割り切ってしばらく惣菜を買う
  • 生協など宅配を利用する

など手を抜けるところはどんどん抜きましょう。

綺麗好きの方は掃除もしっかりやりたいと思いますが、赤ちゃんがいるスペースだけ清潔なら、この時期はパパにも目をつぶってもらいましょう。

散歩と買い物を同時にすます

生後3ヶ月になると、そろそろ散歩も習慣となり、お天気の良い日は赤ちゃんを連れて外に出ると思います。

でも一日のうちで、散歩と買い物を分けると、それだけでかなり時間が取られます。

買い物へ赤ちゃんを連れて行くのを、散歩のかわりにしてしまいましょう。

いろいろな音を聴いたりいろいろな人にあったり、ママにとっては生活の1コマでも、赤ちゃんにとっては立派なお散歩ですよ。

とにかく赤ちゃんと一緒に眠る

産後3ヶ月たっても疲れがとれなくて、ピークに達してしまう時は、睡眠不足になっていることが多いです。

体は寝ている間にしか修復できないので、睡眠時間が短ければ、疲れが取れなくて当然です。

元の体に戻るには時間がかかりますが、寝れる時は徹底的に眠る位でちょうど良いです。

  • 赤ちゃんが寝ているときは自分も眠る
  • パパがお休みの日は赤ちゃんと散歩に行ってもらい、その間に横になる
  • 夜も赤ちゃんと一緒に眠ってしまう

など、睡眠時間をしっかり確保していきましょう。

今だけのことですから、自分の体も守ってくださいね。

代謝酵素を活性化して疲れの元を追い出す

私たちの体には、酵素というものがあり、その時々の体の状態で「消化酵素」と「代謝酵素」に働きが分かれます。

口から食べ物が入ると、消化酵素が消化・分解をするために働き、それ以外の生命を維持する全ては代謝酵素が補います。

この働きの中で「老廃物を排泄する」と言うものがありますが、まさに「疲れ」の原因はこの老廃物なんです。

老廃物は排出されないと血液の中に流れ出し、いわゆるドロドロした状態になります。

すると酸素や栄養をうまく運べなくなります。

また、老廃物の回収も血液が行っているので、流れが良くないとさらに老廃物の排泄がうまくいかなくなります。

ここまで読んでいただけたらわかると思いますが、体に必要なものが運ばれず、いらないものが溜まっているわけですから、当然元気な状態を維持するのは難しくなります。

毎日の育児で疲れても、元気に過ごしているママがいるのは、代謝酵素がちゃんと働いているかどうかの違いです。

疲れがピークに達して、少しも元気になる気がしないときは、代謝酵素をしっかり活性化せて働かせる必要があります。

代謝酵素を活性化するには

実は代謝酵素は元々体の中にあるものなので、食べ物などで補うことができません。

市販の酵素ドリンクは、そもそも食物酵素なので代謝酵素の活性化に直接繋がりません。

私は自分のどんよりした体には代謝酵素が必要だと調べて変わっていたので、どうしたら元気になれるか探しました。

そして見つけたのがMREビオスと言う酵素ドリンクに入っている「MRE酵素」です。

このMRE酵素は特許を取って、代謝酵素を活性化する働きが認められています。

日本特許庁(JP) 特許番号 特許第4951150号
日本特許庁HP  http://astamuse.com/ja/published/JP/No/WO2010095463

私はこのドリンクを飲んでから、朝のだるさがなくなり踏ん張りが効くようになってきました。

掃除も洗濯も買い物も、本当に面倒だったんですが今は体が軽くなったので、スムーズになりました。

何より、赤ちゃんのお世話が楽になりましたよ。

こんな感じで小さなキャップに1杯飲んでいます。

味はほぼないのでかなり飲みやすく、無添加なので授乳中でも安心です。

代謝酵素が上がれば、体のどんよりした疲れを起こしていた老廃物がスムーズに出され、血液の流れが良くなり、栄養も酸素も行き渡るようになります。

まだ3ヶ月だと、赤ちゃんのお世話は大変ですが、自分が元気だと少しは楽しめるようになりますよ。

もし、

  • 疲れがたまりすぎて辛い
  • 家のことをやりたいのに元気がでない
  • 早く元気になりたい

そんな風に思っているなら、MRE酵素を試してみる価値があります!

 

⇒ MREビオスで代謝酵素を活性化してスムーズな体に戻す

 

まとめ

3ヶ月も経つのに、疲れが取れなくて、思ったようにできないと、イライラしたり悲しくなることもあると思います。

でもこの時期はまだまだ赤ちゃんのお世話が大変な時です。

ストレスを溜めずに、「できることを出来るときにやる」位でちょうど良いのです。

  • 抜きする
  • 眠れるだけ眠る
  • 代謝酵素をアップする

などに気をつけて、少しずつ体調を整えていってくださいね。

体が疲れると、私たちは栄養を補給することばかり考えますが、代謝をアップして本来の働きを取り戻す方がずっと変わります。

 

酵素ドリンク「MREビオス」