【生後7ヶ月】赤ちゃんが首を振る仕草をするのはなぜ?隠された驚きの理由とは

首が座った7ヶ月くらいの赤ちゃんをお持ちのママ、

こんなことが気になったことはありませんか?

・首を振るしぐさが多い気がする

・頭を揺らしているのはどうして?

・ただの感情表現なのか、それとも病気なのか分からない

もしあなたがこのようなことが気になっているのなら、この先を読み進めてもらえたらと思います。

・首を振る理由はなに?

・病気がどうかの見分け方

など書いていきたいと思います。

よろしければ参考にしてくださいね。

赤ちゃんが首を振るのはどうして?

赤ちゃんが首を振るしぐさをよく見るようになるのは、だいたい生後6か月ごろからです。

首もしっかり座ることで重心も定まり、寝返りやお座りも上手になってきますね。

では赤ちゃんが首をふる理由はどういったものがあるのでしょう?

ここにいくつか挙げていきたいと思います。

・体温が上昇し、眠気が強く不快である

・授乳が十分で、もう飲みたくない

・離乳食を食べたくない、味が好みではない

・排便しようと力が入っている状態である

・耳垢がたまってかゆい

・嬉しい、楽しい、何かに夢中になっている

・首がすわり視野が広がったため、いろんなことに興味を持ち出している

とこんなことが首を振る理由になっています。

そして、これらの理由で首をふっている場合は特に心配する必要がありません。

ですが、もし次のような理由で首を振っているのであれば要注意です。

・中耳炎などで耳の痛みがあり、それを解消しようとしている

・頭を強く打ったなどで痛みがある

・神経疾患のてんかんによるもの

以上のことが引き起こしている首ふりは、放置してはいけません。

早目に医療機関を受診して下さい。

スポンサーリンク

病気による首ふりの特徴と見分け方

中耳炎の痛みで首を振っている場合、発熱や黄色い耳だれをともないます。

耳をしきりに触っている、機嫌が悪く激しく泣く、枕やシーツに黄色いシミがある場合は要注意です。

遊んでいるうちに頭を強く打ちつけている、また転倒してけがをしていることがあります。

そういった痛みが原因の場合、突然大声を出して泣きながら首を振ります。

赤ちゃんの頭や首周りに傷や出血がないか、よく見てあげてください。

神経の病気であるてんかんによる首ふりは、

力がぬけて頭が “かくん“ と垂れるような特徴があります。

てんかんによる頭や首が垂れる動作は、日に日に増えてきます。

よく観察してあげてください。

このような特徴がある首ふりの場合は、病気やケガによるもので受診が必要です。

赤ちゃんが訴えているサインを見逃さず、重症化する前に病院へ連れて行ってあげてください。

まとめ

今回は、体つきもしっかりしてきた乳幼児中期にみられる首ふりのお話でしたが、いかがでしたか?

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

赤ちゃんが首をふるしぐさは、とてもかわいらしく体が成長している証拠です。

月齢が進むと、自分の意思表示を首ふりなどでママにいろいろ伝えようとします。

ですが中には赤ちゃんがSOSを発している首ふりの場合もあります。

しっかりと赤ちゃんの様子を観察し、病気によるものかどうか判断してあげる必要があります。

少しでもおかしいと思うことがあるなら、早目に医療機関の専門医に相談しましょう。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする