【生後7ヶ月】寝ない赤ちゃんをパッと眠らせる5つのコツ

7ヶ月頃の赤ちゃん、全然寝てくれないと悩んでいませんか?

赤ちゃんがすやすや眠る姿はまるで天使のよう。

けど・・・いつも大人しく寝てくれるなんて夢物語なんですよね。

赤ちゃんが寝てくれないとき、ママのつらさはもう限界・・・。

可愛い我が子が泣き叫んでいるだけで胸が苦しくなります。

それなのに、赤ちゃんが寝てくれなくて体力も気力も限界になると、ついきつく当たってしまいそうになって、そんな自分に自己嫌悪してしまったり。

一時は大人しく寝てくれていたのに、なぜか全然寝なくなってしまった!

なんてこともよくあります。

よく「大変なのは今だけよ」とか言われたりもしますが、先の全然見えない育児は、今この時の悩みや不安で押しつぶされそうになってしまうんですよね。

そこで今日は、赤ちゃんがどうしても寝ないときの有効的な対策についてまとめてみました。

「6~7ヶ月ごろから全然寝なくなってしまった!」

というケースはよくあることなので、まずは「うちの子だけ?」と言う不安は取り除いてくださいね。

また、赤ちゃんを眠りに誘う5つのコツも紹介します。

この方法を試してもらえば、赤ちゃんもママもぐっすり眠れるようになります。

しっかり睡眠が取れると、赤ちゃんも機嫌が良いし、ママの育児がもっと楽しくなりますよ!

6~7ヶ月ごろから赤ちゃんが寝なくなってしまったのはなぜ?

赤ちゃんは生後3~4ヶ月ごろがもっとも眠ると言われています。

一瞬たりとも目が離せなかった生まれたての頃から、だんだん上手にすやすやできるようになってきて・・・。

けれど、6ヶ月ごろから寝つきが悪くなったり、夜泣きがひどくなったり、頻繁に起きるようになったり。

「やっと寝てくれるようになったのに!」と、悪化してしまったように感じるかもしれません。

この「寝つき」にはかなりの個人差がありますが、寝つきの悪さが2歳ぐらいまで続く子も。

「断乳のタイミングで寝るようになった」というケースも多いようです。

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝ない場合の5つの対策

7ヶ月ころの寝てくれない赤ちゃんにすんなり寝てもらえるようにする対策は、以下の5つがおすすめです。

・お昼寝の決まった生活リズムを作る

・夜寝る前だけでも母乳からミルクに変えてみる

・ママも一緒の時間に寝る

・夜寝る前の刺激を減らす

・赤ちゃん用の安眠グッズを使ってみる

お昼寝の決まった生活リズムを作る

「起きて寝て起きて」を頻繁に繰り返していた新生児の頃に比べて、赤ちゃんは長く眠れるようになってきます。

けれど、そのせいで「昼寝しすぎて夜眠れない」という状態になってしまうことも。

いい子でお昼寝してくれるのはとってもありがたい限りですが、上手いことメリハリのある生活リズムを作るように心がけましょう。

生後7ヶ月くらいの赤ちゃんのお昼寝の理想は、午前と午後に1回ずつ、午前は1時間、午後は2時間程度と言われています。

それ以上になるようなら、声をかけて起こしてリズムを作ってみてください。

夜寝る前だけでも母乳からミルクに変えてみる

母乳は赤ちゃんにとってとても消化しやすいものです。

逆に言えば、ミルクは母乳より消化に時間がかかるので「腹持ちがいい」とも言えます。

お腹が空いて起きてしまう子には、夜寝る前のおっぱいをミルクにするだけでも、ぐっすり眠るのに効果がありますよ。

ママも一緒の時間に寝る

添い寝は赤ちゃんとのスキンシップになる、というのは有名な話ですね。

でも、それ以外にもいいことはあるんです。

ママが赤ちゃんと一緒に寝ると、おうちの中が静かになります。

すると赤ちゃんの眠りも深いものになりやすいんです。

大人だって、寝ている横でガサゴソされたらしっかり眠れないですもんね。

昼間のママはずーっと赤ちゃんの世話で大変ですから、「やっと寝てくれた!これでいろいろなことができる!」と張り切って活動したくなるのですが・・・

赤ちゃんはそんな気配を察して起きてしまっているかもしれません。

ママと一緒なら長く寝る、という赤ちゃんは多いので、一緒に寝てしまうのも有効的ですよ。

夜寝る前の刺激を減らす

特に夜泣きがひどい場合には、夜寝かし付ける前のことも気を付けてみてください。

大人も「夜寝る前にスマホをいじるのはいけない」と言われているのは聞いたことがあるかもしれません。

それは、寝る前に目からの刺激を受けることで、脳を興奮状態にさせてしまい、寝つきが悪くなってしまうからなんですね。

赤ちゃんも一緒です。

寝る前にキャッキャとはしゃぐような遊びをしていると、脳が「おやすみモード」になってくれないことがあります。

遊び疲れて眠ったかと思ったらすぐ目を覚ましてしまう・・・という場合は、脳が興奮状態になっているかも。

また、興奮状態で眠りにつくと夢を見やすいとも言われています。

赤ちゃんは夢を見てびっくりして起きてしまうこともあるので、気分転換に夜風に当たるなどして、一度興奮状態をリセットしてあげましょう。

赤ちゃん用の安眠グッズを使ってみる

どうしても寝てくれなくて、ママが限界だと思ったら「赤ちゃん用安眠グッズ」を手に入れてみてはいかがでしょう。

赤ちゃん専用の安眠グッズは、

  • 夜泣きがひどい時
  • なかなか眠ってくれないとき

などに効果を発揮してくれるものです。

すべての赤ちゃんに有効、と言うわけじゃないですが、グッズを使うことで夜の寝かしつけを楽にしたりぐっすり眠ってもらうことに成功したパパやママはたくさんいます。

寝しつけはこれからも数年続きます。

ですから、この時期に「うちの子はこれがあるとぐっすり眠ってくれる」というものが見つかると、楽ですよね。

以下に人気のある寝かしつけグッズを紹介します。

実際にどんな悩みを解決したのか口コミもありますので、よろしかったら参考にしてみてくださいね。

⇒ 赤ちゃんグッスリ!パパもママも楽になるおすすめ安眠グッズ5選

まとめ

以上、なかなか寝ない赤ちゃんを寝かし付ける方法についてでした。

毎日毎日夜泣きにうなされると、本当に参ってしまうものですが・・・

赤ちゃんが安心して眠るためには、ママの笑顔はもちろん、家族みんなの暖かい雰囲気が何より大切。

決まった方法にとらわれず、「うちの家族にはどんな方法がぴったりなのかな?」と、いろいろ試してみてくださいね♪

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする