授乳中で鼻炎を抱えているママは、こんな悩みはありませんか?

・点鼻薬は、授乳中でも使っていいの?

・鼻からでも赤ちゃんに影響するの?

もしあなたがこのようなことが心配なら、この先を読み進めてもらえたらと思います。

今回は点鼻薬のアルロイヤーについてのお話です。

鼻づまりがつらいと、手っ取り早く解消するために、つい点鼻薬に頼ってしまいますよね。

・授乳中に点鼻薬を使う危険性について

・赤ちゃんにどんな影響があるか

など書いていきたいと思います。

よろしければ参考にしてください。

アルロイヤーはどんなお薬?

アルロイヤー点鼻薬は、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎の治療に使用されます。

鼻の中に直接噴霧することで、粘膜の炎症を抑えてくれます。

主にくしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状をやわらげてくれます。

また全身への影響が少ない副腎皮質ホルモン剤が含まれ、1日2回の噴霧で効果は続きます。

副作用としては、鼻の中の異物感・刺激感・不快感・嗅覚異常、他にも紅斑、かゆみ、じんましんなどの皮膚症状も挙げられます。

まれに視力や眼球に支障をきたすことや、吐き気をもよおすこともあります。

このような事を考えると、授乳中にアルロイヤー点鼻薬はちょっと心配になりますね。

アルロイヤーは授乳中に使えるの?

点鼻薬は局所に作用するお薬です。

内服薬に比べると、体内に吸収される量はごくわずかです。

一般的にこのタイプのお薬の成分が母乳に移行したとしても、問題にならないことが多いとされています。

ただ移行する量がごくわずかだとしても、0%ではありません。

万が一お薬の成分が赤ちゃんに移行してしまうと、かゆみや湿疹などの症状が現れる可能性があります。

もし使用してしまった場合、授乳は念のため中断してください。

そして赤ちゃんにかわった様子がないか、よく観察してあげましょう。

特に月齢が低い赤ちゃんは、肝臓や腎臓の発育が未熟ですから、薬の成分が入ってきても十分に排泄できません。

体内に成分をため込むと、よりお薬の影響が出やすくなります。

12時間でお薬の成分は完全に排出されますので、それくらいを授乳の再開の目安はにしてください。

また授乳を再開する前に、搾乳をすれば、より安全に赤ちゃんに母乳を与えられます。

以上のことから、やはり授乳中の使用は避けたほうがいいのかなと思います。

どうしてもお薬が必要な場合は、必ず専門医に相談して処方してもらってください。

自己判断で市販のものを購入することや、安易に使用することはやめましょう。

授乳中のママは鼻炎対策もやってみて

鼻炎の症状が強く出る前に、日ごろからできるだけ対策をとっておくことも大切です。

お薬に頼らなければいけないこともありますが、授乳中はより安心して母乳を与えたいですよね。

以下に鼻炎対策を書いていきますので、試してみてくださいね。

睡眠をしっかりとって悪化を防ぐ

睡眠不足になると免疫力の低下、成長ホルモンが減少する傾向があります。

これらが原因で鼻炎が悪化してしまうので、できるだけ睡眠時間は確保してください。

夜間に授乳などで十分眠れない場合は、早目に就寝するなど工夫してみるのもいいでしょう。

家事なども周囲の助けをかり、赤ちゃんの睡眠に合わせてママが一緒に寝ることも大切です。

日光を浴びると症状が和らぐ

日光を浴びるとセロトニンという物質が体内で増えます。

この物質は精神を安定させる効果があり、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

このことが鼻炎の症状をやわらげてくれるので、少しの時間でも日光を浴びるようにしましょう。

鼻炎対策は食事が大切

育児と家事に追われ、ママの食事がおろそかになりがちです。

偏った食事では、授乳中の栄養がきちんと補えません。

栄養バランスのくずれで免疫力低下を招き、鼻炎を悪化させます。

特に次の食材は鼻炎に効果的ですので、日ごろの食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

<生姜>ヒスタミンはアレルギー反応の原因となる物質です。

生姜に含まれているジンゲロール・ショウガオールという成分がヒスタミンの生成を抑えてくれます。

<梅干し>

梅肉のエキスの中に、抗ヒスタミン成分が含まれています。

これは生姜と同じく、ヒスタミンの生成を抑える作用があります。

<ヨーグルト>

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、鼻炎をやわらげる効果があります。

また腸内環境を整えてくれるので、日ごろの健康維持にも活躍してくれます。

<甜茶>

体内からヒスタミンが出るのを抑えてくれる働きがあり、鼻粘膜の炎症もやわらげてくれます。

 

特に甜茶は、専門の機関でもアレルギーに対しての研究がされています。

私は、お友達に勧めてもらったこちらのブレンド茶で、飲むだけで鼻がスッキリ快適になりました。

花粉症など辛い症状の人のために作られていますし、授乳中でも安心して飲めるのでおすすめです。

気分が良くなって、子育ても楽になったので私も随分と助かりました。

水分補給のお茶をこのお茶に変えるだけなので、取り入れやすかったですよ。

私が飲んですっきりしたお茶をもっと詳しく

まとめ

今回はアルロイヤー点鼻薬についてのお話でしたが、いかがでしたか?

少しでもお役に立てたならうれしいです。

もともと鼻炎をもちのママ、産後に体質の変化で鼻炎になったママも多いですよね。

鼻の症状がひどくては、大変な育児もより辛くなります。

そんな時は点鼻薬に頼るのも一つの方法ですが、その時は、必ず医師の判断に従って使用してください。

授乳中はお薬の成分が母乳に混じることもありますので、慎重になる必要があります。

また長期の使用は避けましょう。

逆に鼻の粘膜を傷つけてしまう恐れがあり、鼻炎が悪化します。

そして、症状が強く出る前に、食事や睡眠などの生活リズムを整えることも、症状の改善につながります。

できることを少しずつ取り入れながら、母乳育児を続けてくださいね。

点鼻薬なしですっきりする方法