【生後5ヶ月】効果抜群の寝かしつけ方法!3つの儀式をやってみて!

赤ちゃんの寝かしつけは、

ママにとって本当に悩みの種。。。

生後3ヶ月~4ヶ月ぐらいまでは、

夜中の授乳も数度で済むことが多いのですが・・・

5ヶ月ごろから、だんだん夜中・明け方に

起きるようになってきて、

1時間おきや30分おきに目を覚ますことも!

こうなるとママはもう大変なんですよね・・・。

「大人しく寝て~!」

「私はいつ寝ればいいの~!」

なんて思ってしまいます^^;

こういうとき、上手く寝かしつける方法は

あるんでしょうか?

今回はその点についてまとめていきます!

寝かしつけは多くのママが苦労して通ってきた道。

自分一人で悩まずに、先人の知恵を借りて、

いろいろな寝かしつけにチャレンジしてみてください♪

試してみたら案外うまくいき、

ママも赤ちゃんもぐっすり眠れるようになりますよ!

赤ちゃんが寝てくれない!原因は何?

夜寝かしつけても寝てくれなかったり、

眠そうに見えるのにすぐ起きてしまったり。

赤ちゃんが寝てくれない原因として

考えられることは何なのでしょうか?

まず以下の3つをチェックしてみましょう。

・お腹が空いている

・オムツが濡れている

・気温が適切ではない

お腹が空いている

赤ちゃんの胃は小さく、

大人のようにエネルギーを

長く蓄えておくことができません。

寝る前におっぱいを飲んでも、

寝ているうちにお腹が空いてしまい、

それを訴えるために起きます。

こればっかりは仕方ありませんね^^;

母乳よりもミルクの方が腹持ちがいいので、

完母のママも夜寝る前だけは

ミルクにしてみても良いかもしれません。

オムツが濡れている

赤ちゃんはオムツの不快感に敏感なので、

すぐに起きてママに知らせようとします。

お腹が空いて起きたところに

おっぱいをあげたら、

すぐにまたオムツで起きてしまった・・・

なんていうコラボになることも。

おっぱいを飲んですぐに

おしっこやうんちをする子なら、

飲ませた後についでにオムツまで

変えてから寝かせたいですね。

気温が適切ではない

暑かったり寒かったりすると、

赤ちゃんはちゃんと眠ることができずに

目を覚ましてしまいます。

特に寒い場合は、体調を崩す

原因にもなるので注意が必要です。

寝る前にお布団を温めておいたり、

暖かい恰好をさせてあげましょう。

スポンサーリンク

それでも寝てくれない赤ちゃんを寝かす3つの方法

おっぱいもあげた、

オムツも変えた、

気温もちょうどいいぐらい・・・

それでも寝ない!

という場合は、「入眠儀式」を作ってみましょう。

入眠儀式とは、

「赤ちゃんが眠りに入る合図」

を決めて、毎日寝る時にそれを繰り返すこと。

「これをしたらねんねだよ」

ということを繰り返すことによって、

赤ちゃんの寝つきを良くする方法です。

何を合図にするかは、

おうちごとに違って大丈夫。

ただ、「興奮する」ようなことは避けて、

「落ち着ける」ことにしましょう。

有名な入眠儀式としては以下のようなものがあります。

・頭や体をママの手でゆっくり撫でる

・絵本を読む

・子守歌を歌う

頭や体をママの手でゆっくり撫でる

普段撫でるのとは違って、ゆっくりゆっくり、

同じ強さ、同じ順番で、

「これはねんねの前のなでなでだよ」

と教えるように撫でてあげましょう。

特に眉毛、眉間などを撫でられると

安心するという赤ちゃんは多いようです。

絵本を読む

絵本は言葉がわかるようになってから、

と思われがちですが、言葉や文字が

わからない赤ちゃんにも読み聞かせは有効。

普段のおしゃべりと違う「物語」調の語り口は、

赤ちゃんをふしぎな世界に誘います。

リラックスできるような内容を

優しく読んであげることで、

赤ちゃんも眠る態勢に入ってくれます。

絵本を入眠儀式にするためには、

毎日本を変えるより、

同じ本を続ける方がいいでしょう。

子守歌を歌う

子守歌は、ママが赤ちゃんを

寝かしつけるための昔からの知恵。

これもまさに入眠儀式で、

「お歌が聞こえてきたらねんねの時間」

と覚えることで、赤ちゃんがスムーズに

眠ってくれるようになります。

こちらも、いつも同じ曲を歌ってあげましょう。

上に書いた「ゆっくり撫でる」という儀式と

同時にやってあげてもいいですね。

まとめ

以上、なかなか寝付かない赤ちゃんを

寝かせるための方法でした。

赤ちゃんはママの表情や感情に敏感。

ママがリラックスすることが何よりも大事です。

大人だって、落ち着いてリラックスして

眠っている姿を見れば、

つられて眠くなっちゃいますもんね。

また、ママが「おやすみ~」と言って

寝るところを見ていると、

「おやすみ」が合図だと覚えてくれることも。

ぬいぐるみやおもちゃに「おやすみ」と

言って回ると、赤ちゃんも寝る時間だと

わかってくれるようになるそうです。

「なんで寝てくれないの!」

ってつらい思いをしているママは、

そういう楽しい方法も試してみてくださいね!

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする