離乳食っていつから始めた?3つのステップで食事を嫌がらない赤ちゃんに

おっぱい・ミルクだけの時期を

卒業すると始まる離乳食。

生後5ヶ月ごろになるとそろそろかな~

と思い始めますが・・・

新生児からこれまで

大変なことづくめだったし

、離乳食を始めるのもまた不安ですよね。。

・どういうタイミングで始めた?

・始めるのは大変?

・もし嫌がったらどうすればいい?

・おすわりできない赤ちゃんにはどうやって食べさせる?

こんな風に、ママの悩みは尽きません。

この記事では、離乳食を始めるタイミング、

離乳食の始め方を書いていきます!

「そろそろなんだけど・・・」

そういうママは参考にしてくださいね!

離乳食はいつ始めればいい?タイミングの目安は?

離乳食を始める時期についてですが、

赤ちゃんの体の成長から考えると、

5~6ヶ月からの開始が一般的と言われています。

これは、消化機能の発達が大きいからなんですね。

でも、今までおっぱいやミルクだけだったのに

いきなりゴハンって・・・

赤ちゃんもびっくりしそうだし、

ママも戸惑っちゃいます。

じゃあ、目安にできるような

タイミングってあるのかというと、

以下のような行動が目安とされているようです。

・大人が食べているところをじーっと見ている

・もぐもぐする仕草を見せたり、よだれが増えたり。

・支えれば座れる

大人が食べているところをじーっと見ている

「ゴハンを食べる」という行動に

興味を持っている証です。

何かを口に入れて食べると楽しそう、

と思ってくれれば、赤ちゃんの口に

ゴハンを入れたときに

「ベッ」と出される確率は少なくなります。

もぐもぐする仕草を見せたり、よだれが増えたり

咀嚼する能力が成長してきた証ですね。

おっぱいやミルクと違って、

柔らかいとはいえ固形物が混ざってきます。

「もぐもぐ」「ごっくん」ができる必要があるわけです。

支えれば座れる

これは「離乳食を始めて良いかどうか」

という目安ではないのですが、

ママがごはんを上げやすいので、

よく目安にされているようです。

おすわりできない赤ちゃんは膝抱っこ、

ハイローチェア・ベビーラック・

バウンサー・バンボを

活用しているママもいますね。

スポンサーリンク

離乳食はどうやって始めればいいの?

それでは、初めて離乳食を

あげるときについて書いていきます。

以下の3つのステップで進めてみてください。

ステップ1:赤ちゃんに空のスプーンを向けてみる

何も乗せていないスプーンを、

「あーん」と赤ちゃんに向けてみましょう。

ここで赤ちゃんが嫌がる場合、

少し時間を置いてみた方がいいかもしれません。

ステップ2:やわやわのお粥を口に入れてみる

やわらかいお粥、

いわゆる「10倍粥」を作り、

丁寧にすりつぶします。

それをほんの少しだけスプーンに乗せて、

赤ちゃんの口に入れてみてください。

べっ!と出さなかったら次に進みましょう。

ステップ3:口にいれたお粥をごっくんできるかチェック

口に入れたものを出さなくても、

飲んでもらえなければ意味がありません。

反射ですぐに飲んでくれる子もいますが、

しばらく口の中で遊ばせてしまう場合は、

ママが「もぐもぐ、ごっくん」と

見本を見せてあげましょう。

ここまで全てクリアできるのであれば、

離乳食はスムーズに始められるでしょう。

もし嫌がったら中断して大丈夫。

焦ることはありません!

無理に焦ると、

「ゴハンは嫌なものなんだ」と覚えてしまって、

この先タイヘンになってしまうことも。

まずは赤ちゃんとママが

楽しめる範囲から始めて、

食べることは楽しい、と教えてあげましょう!

まとめ

以上、離乳食を始めるタイミングと、

始め方についてのまとめでした。

一日中おっぱいをあげたり、

ミルクを作ったりする手間が

少し楽になるのはありがたいけど、

離乳食もまたいろいろこだわると苦労があります。。

でも何よりも、赤ちゃんが一生懸命

もぐもぐして食べている姿は愛らしいものです!

ママやパパと一緒の食卓で

ゴハンを食べるのも、幸せなひととき。

不安に思ってしまう場合は、

そんな光景を楽しみにしてみるのも

いいかもしれませんね♪

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする