【乳児湿疹】アトピタで悪化した時に考えられる原因と正しい対処法

子育て中のママ、赤ちゃんの肌についてこんな心配ありませんか?

・乳児湿疹がひどくて困っている

・アトピタを塗ったら、ひどくなった気がする

・どんな薬がいいのか分からない

もしあなたこのようなことで悩んでいるなら、この先をぜひ読んでみてくださいね。

赤ちゃんの湿疹がなかなか治らないと、ママも不安な気持ちでいっぱいだと思います。

このページでは、

・乳児湿疹になる理由

・アトピタなどの保湿で大丈夫?

・乳児湿疹以外に考えられる原因は?

など書いていきたいと思います。

よろしければ参考にしてください。

乳児湿疹が現れる原因

赤ちゃんの顔に現れる赤くぶつぶつした湿疹を、乳児湿疹と呼びます。

タイプとしてはカサカサ乾燥しているものから、ジュクジュクしているものがあります。

では乳児湿疹ができる原因をみてみましょう。

皮脂分泌が多い

ママの胎内でホルモンバランスの影響を受け、皮脂の分泌が盛んになっています。

そのわりに、赤ちゃんは毛穴が小さいので汚れがつまりやすい状態です。

生後1~2か月頃に起こりやすい脂漏性湿疹、新生児ニキビを引き起こします。

肌が薄く敏感

潤いを保ち、外からの刺激から守る角質層が薄いのが赤ちゃんの肌の特徴です。

そのため、ダメージを受けやすく炎症を起こします。

乾燥しやすい

生後3か月以降の赤ちゃんは急激に皮脂の分泌が減り、乾燥しやすくなります。

また乾燥によって炎症を引き起こし、肌荒れが進行します。

母乳の影響

油っこいもの、甘いもの、刺激物、アレルギー性のもの(卵、大豆、小麦、乳製品など)は母乳に影響しやすく、味をかえてしまいますし、湿疹の原因になることもあります。

このように乳児湿疹になる原因はいくつかありますが、対策は基本的に同じです。

まずは赤ちゃんの肌を清潔に保ち、しっかりと保湿をしてあげることが大切です。

日ごろからこういった対策をしてあげないと、赤ちゃんがかきむしったりして症状を悪化させてしまいます。

このことを意識するだけで、随分と乳児湿疹を防ぐことができます。

スポンサーリンク

アトピタなど市販のもので保湿するのは効果的?

先に書いたようなことを注意していても、赤ちゃんの湿疹がなかなか治らないこともあります。

また場合によってはひどくなるケースもあります。

そんな時、保湿ケア商品だけで対処してもいいのでしょうか?

ドラッグストアなどでよく見かける、「アトピタ」という赤ちゃん向けの商品があります。

この商品を例に挙げてみましょう。

アトピタは敏感な赤ちゃんの肌向けの、保湿をメインとした商品が中心です。

無添加、無香料、無着色、低刺激なので選ばれるママも多いのではないでしょうか?

しかし低刺激だから、100%赤ちゃんに安心して使えるというものではありません。

あくまでも目的は肌の保湿、乾燥を防ぐことです。

乳児湿疹で赤ちゃんが顔をかいてしまい、傷になっている場合にはどうでしょうか?

ママが気づかないうちに、赤ちゃんは無意識に顔を傷つけている可能性があります。

ただでさえ薄い皮膚に傷ができていると、刺激が少ないとは言え保湿クリームもダメージになります。

商品を使用してもなかなか乳児湿疹がおさまらず、悪化した場合は使用をいったん中止しましょう。

市販の保湿クリームなどは避け、なるべく早く小児科や皮膚科を受診してください。

また単純に「アトピタ」があなたの赤ちゃんの肌に、合わなかったということも考えられます。

市販のものは安価で手に入り手軽に試せますが、安価な物は大量生産できるので、良質な成分だけで作られているとは限りません。

もしも家で赤ちゃんにしっかり保湿してあげたい、そんなママは、

⇒ 赤ちゃんに安心の無添加保湿剤ランキング

もよろしかったら参考にしてくださいね。

うちの娘も肌トラブルが本当に多い子でしたが、ここで紹介した保湿剤で今はスベスベの白い肌になりました。

乳児湿疹だと決めつけないで

赤ちゃんの肌トラブルの原因がひっかき傷にあったり、単に使っている商品が肌に合わなかったりといろいろ考えられます。

また、本当に乳児湿疹なのか?ママだけでは判断が難しいです。

乳児湿疹と非常に似ている症状に、アトピー性皮膚炎があります。

こちらの症状は皮膚の赤みとぶつぶつ、乾燥によるひび割れや皮膚の剥がれ、汁が出るといったものです。

素人判断では区別がつきにくいので、清潔にして保湿しても治らない場合は、必ず医療機関で診断してもらいましょう。

もしアトピー性皮膚炎という診断がでれば、ステロイド剤が中心となった治療になります。

またかゆみで皮膚を傷つけるようなら、かゆみ止めの内服薬も処方されます。

信頼できる専門医のもと、しっかりと治療に臨んであげてください。

まとめ

今回は乳児湿疹についてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

赤ちゃんの肌は月齢によって変化し、とても敏感なものです。

汗、食べこぼしなどの口周りの汚れはこまめに優しく拭き取ってあげてください。

そして乾燥から肌を守るために、保湿も忘れないようにしましょう。

日ごろから気を付けてあげることが、乳児湿疹の一番の対策になります。

また授乳中のママは、普段の食事も意識してみましょう。

食べたものの影響が、母乳を通して赤ちゃんの湿疹を招いている可能性もあります

またあまりにも悪化する場合は、必ず小児科や皮膚科で相談してください。

乳児湿疹ではなく、他に原因がある場合があります。

赤ちゃんの肌の様子をよく観察し、改善する方法を見つけてあげましょうね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする