ジョンソンのベビーローションは2ヶ月の赤ちゃんに危険?正しい保湿剤の選び方はこちら

低月齢の赤ちゃんのお世話を頑張っているママ、毎日の赤ちゃんの肌のコンディションには気をつかいますよね。

乾燥から守るため、保湿効果の高いジョンソンのベビーローションを使用しているママも多いのではないでしょうか。

そんな中、ジョンソンのベビーローションを使用してから、逆に肌トラブルを起こしてしまった赤ちゃんもいます。

・使い始めてから、肌が赤くなり湿疹も出ている

・使用をやめたけど、なにで保湿したらいいか分からない

・何か他に安心して使えるものを知りたい

もしあなたがこのようなことで悩んでいるのなら、この先を読み進めてもらえたらと思います。

赤ちゃんの肌は弱く乾燥しやすいものです。

この時期にしっかり保湿しないと、アトピーなど皮膚トラブルに移行することもあります。

ここでは、

・ジョンソンベビーローションが合わない理由

・赤ちゃんの乾燥肌におすすめできる商品は?

・乾燥肌は予防できる

など書いていきたいと思います。

少しでも赤ちゃんの肌を健康に保つために、参考にしてくださいね。

ジョンソンベビーローションが合わないのは成分が原因?

ジョンソンベビーローションは、赤ちゃんの敏感肌にも安心して使える商品として有名です。

低刺激、無着色、無香料で刺激も少なく、乾燥肌対策としては効果が期待できます。

しかし、すべての赤ちゃんにアレルギーや皮膚の刺激がないとは言い切れません。

ではどんな成分が、刺激になる可能性があるのかみてみましょう。

この商品の分類は化粧品になりますので、もちろん低刺激の防腐剤がふくまれています。

そしてその役割をしているのが、「安息香酸ナトリウム」という成分です。

これは製品の品質をたもつため、化粧品やシャンプー、飲食物によく使われています。

ドラッグストアなどに出回る大量生産の商品は、どうしても中身を安定させるために余計な成分が入りがちなんです。

この成分がまれにアレルギーを起こし、肌を刺激していることがあります。

潤いを与えるつもりが、逆に肌荒れ引き起こしてしまう・・・

実はこういったことが関係している可能性が高いので、赤ちゃんに安心のローションを選ぶことはとても大切ですね。

体質やアレルギーも人それぞれですので、この点を意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

敏感肌の赤ちゃんにおすすめできる商品

まずは、どんな点に気を付けて商品を購入すればいいでしょうか?

ローションに含まれている成分はもちろん、価格も気になるところですね。

これらの点も踏まえると、私がおすすめできる商品は以下のモノになります。

アロベビー ミルクローション

アロベビーミルクローションは、日本人の赤ちゃんの肌に合った成分が配合された、99%天然由来のオーガニックミルクローションです。

さらっとした使用感でべたつきもなく、乾燥肌の改善が期待できます。

こちらは大変口コミが高い商品ですので、試されてみてはどうかと思います。

価格は2500円ほどです。

⇒ アロベビー ミルクローションで赤ちゃんの肌を潤してみる

ファムズベビー

ファムズベビーは、私の子供もずっと愛用しています。

ムースタイプの商品で、一度塗ると8時間肌の中にバリアを作ってくれます。

乾燥肌はもちろん、アトピーやあせも、おむつかぶれにも使用できます。

私は、金属アレルギーがあるのですが、一度塗ると8時間本当にアクセサリーで痒くなることはありません(8時間立つとすぐに赤くなります)

匂いもないしサッと肌に浸透するので、2ヶ月の赤ちゃんも快適に使えると思います。

価格は2600円程度です。

⇒ 実際に使った感想はこちらに書いています

⇒ ファムズベビーの公式サイトを見てみる

以上が私のおすすめできる商品です。

以上2点はとてもお勧めですが、他にも数えきれないほどの商品があります。

どんなものでも赤ちゃんに優しいことが大前提です。

低刺激、高保湿、使い心地、オーガニック成分などを基準に選んでみてくださいね。

赤ちゃんの皮脂は2ヶ月頃減っていく

赤ちゃんの皮膚は、生まれたばかりの頃は皮脂がたっぷりとあります。

でも生後2か月頃から皮脂分泌が激減し、角質層にある水分量が大人の3分の2程度になりm急に乾燥しやすくなります。

この時、肌の保湿が十分でないと、赤ちゃんの肌から水分が蒸発し放題になり、見た目のカサカサだけでなく湿疹をともなったり、炎症を起こるなどトラブルが起こりやすくなります。

やはり、毎日の保湿はとても大切です。

赤ちゃんの角質層は皮膚の一番上にあるので、直接外から保湿剤を塗ってあげるのが一番即効性があります。

また、

  • お風呂で洗いすぎない
  • 液体ではなく固形の無添加石鹸を使う
  • 部屋の湿度もしっかり保つ
  • 保湿はお風呂上がりすぐに行う

このようなことも、赤ちゃんの肌を健やかに保つためには有効ですよ!

まとめ

今回はジョンソンベビーローションが合わない場合、どんな対処法や商品がいいのかというお話でした。

いかがでしたでしょうか、参考になりましたか?

赤ちゃんの肌はとても敏感で、肌トラブルのタイプもいろいろあります。

でも大抵のトラブルは、肌バリアをしっかり作ってあげることで回避できます。

いきなり全身にたっぷり塗ることをためらう時は、パッチテストをしてみるのもいいでしょう。

1日たっても炎症など起こさなければ、比較的安心して使えるものだということです。

まだまだバリア機能が弱い赤ちゃんの肌を、ママのケアで守ってあげてくださいね。

    

お子様のための貯蓄や学資保険もう始めましたか?

子供ができると、今までよりお金のことがとても気になりますよね。

今はまだ小さいけれど、この先どれくらいかかるのか?

どれくらい用意しておけばいいのか?

私もとても不安でした。

そんな時、先輩ママ友に「子供が小さいうちにしっかり貯めておかないと、これからどんどんお金がかかるようになって大変だよ」と言われたんです。

幼稚園に行く頃になると、習い事が増えたり、小学生になると塾へ通うようになったり・・・

まだ自分の子供が赤ちゃんだったので、想像はできなかったのですが漠然とした不安がわきあがってきました。

そこで、学資保険をいろいろ調べてみることにしたんですね。

せめて学費くらい貯めておけたらいいなと思って。

ところが、資料をいくつか取り寄せても私に理解能力がないのか「で、結局どこがいいの?」と全然わからなくて。

ママ友に聞いても、パパの年収や兄弟の数も違うので、参考にならなかったんです。

学資保険を選ぶのって、思っていたよりずっと大変

 

そんな時、保険見直しラボと言うところを見つけました。

よくある保険の相談ができるところなのですが、自宅にファイナンシャルプランナーが来てくれるんですね。

うちの子はぐずると手がつけられないほど泣くこともあるし、近くに保険が相談できるところもなかったので、家に来てくれるところがとても助かりました。

また、相談に乗ってくれるのは、保険屋さんではなくファイナンシャルプランナーと言う点もメリットでした。

保険屋さんだと、どうしてもその会社の商品を勧められますが、ファイナンシャルプランナーだと、たくさんある保険会社から、最適なものを選ぶことができます。

また驚いたのは、その説明のわかりやすさ!

 

理解能力のない私でもすごくわかりやすかったし、なんと我が家はパパの保険も一緒に見直すことで、9000円弱も保険料が安くなったんです(*゚▽゚*)

その浮いたお金を学資保険に回したことは言うまでもありません。

おかげで、予定してたより負担も増えずに、子供のための準備ができるようになりました。

もし、まだ学資保険に入っていなかったり、将来へ向けて貯蓄できるか心配がある場合は、保険見直しラボに相談してみるといいですよ!

(知らない人が家に来るのが苦手なら向きませんが)

今の家計の状態もよく分かりますし、お金がどれくらい用意できればいいのか、そのためにはどの保険がいいのかなど、とてもよくわかります。

うちは二人目もすぐに考えているので、そのためのシュミレーションもしてもらいました。

保険って誰に相談すればいいのかよくわからかったですが、案外気軽に相談できて、我が家に一番お得な方法も教えてもらえて、特した気分です。

何より、将来の不安が減ったのがとても良かったですよ♪

もちろん、相談は無料です^^

 

⇒ 保険見直しラボで将来の安心を相談してみる

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする