ジョンソンのベビーローションは2ヶ月の赤ちゃんに危険?正しい保湿剤の選び方はこちら

低月齢の赤ちゃんのお世話を頑張っているママ、毎日の赤ちゃんの肌のコンディションには気をつかいますよね。

乾燥から守るため、保湿効果の高いジョンソンのベビーローションを使用しているママも多いのではないでしょうか。

そんな中、ジョンソンのベビーローションを使用してから、逆に肌トラブルを起こしてしまった赤ちゃんもいます。

・使い始めてから、肌が赤くなり湿疹も出ている

・使用をやめたけど、なにで保湿したらいいか分からない

・何か他に安心して使えるものを知りたい

もしあなたがこのようなことで悩んでいるのなら、この先を読み進めてもらえたらと思います。

赤ちゃんの肌は弱く乾燥しやすいものです。

この時期にしっかり保湿しないと、アトピーなど皮膚トラブルに移行することもあります。

ここでは、

・ジョンソンベビーローションが合わない理由

・赤ちゃんの乾燥肌におすすめできる商品は?

・乾燥肌は予防できる

など書いていきたいと思います。

少しでも赤ちゃんの肌を健康に保つために、参考にしてくださいね。

ジョンソンベビーローションが合わないのは成分が原因?

ジョンソンベビーローションは、赤ちゃんの敏感肌にも安心して使える商品として有名です。

低刺激、無着色、無香料で刺激も少なく、乾燥肌対策としては効果が期待できます。

しかし、すべての赤ちゃんにアレルギーや皮膚の刺激がないとは言い切れません。

ではどんな成分が、刺激になる可能性があるのかみてみましょう。

この商品の分類は化粧品になりますので、もちろん低刺激の防腐剤がふくまれています。

そしてその役割をしているのが、「安息香酸ナトリウム」という成分です。

これは製品の品質をたもつため、化粧品やシャンプー、飲食物によく使われています。

ドラッグストアなどに出回る大量生産の商品は、どうしても中身を安定させるために余計な成分が入りがちなんです。

この成分がまれにアレルギーを起こし、肌を刺激していることがあります。

潤いを与えるつもりが、逆に肌荒れ引き起こしてしまう・・・

実はこういったことが関係している可能性が高いので、赤ちゃんに安心のローションを選ぶことはとても大切ですね。

体質やアレルギーも人それぞれですので、この点を意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

敏感肌の赤ちゃんにおすすめできる商品

まずは、どんな点に気を付けて商品を購入すればいいでしょうか?

ローションに含まれている成分はもちろん、価格も気になるところですね。

これらの点も踏まえると、私がおすすめできる商品は以下のモノになります。

アロベビー ミルクローション

アロベビーミルクローションは、日本人の赤ちゃんの肌に合った成分が配合された、99%天然由来のオーガニックミルクローションです。

さらっとした使用感でべたつきもなく、乾燥肌の改善が期待できます。

こちらは大変口コミが高い商品ですので、試されてみてはどうかと思います。

価格は2500円ほどです。

⇒ アロベビー ミルクローションで赤ちゃんの肌を潤してみる

ファムズベビー

ファムズベビーは、私の子供もずっと愛用しています。

ムースタイプの商品で、一度塗ると8時間肌の中にバリアを作ってくれます。

乾燥肌はもちろん、アトピーやあせも、おむつかぶれにも使用できます。

私は、金属アレルギーがあるのですが、一度塗ると8時間本当にアクセサリーで痒くなることはありません(8時間立つとすぐに赤くなります)

匂いもないしサッと肌に浸透するので、2ヶ月の赤ちゃんも快適に使えると思います。

価格は2600円程度です。

⇒ 実際に使った感想はこちらに書いています

⇒ ファムズベビーの公式サイトを見てみる

以上が私のおすすめできる商品です。

以上2点はとてもお勧めですが、他にも数えきれないほどの商品があります。

どんなものでも赤ちゃんに優しいことが大前提です。

低刺激、高保湿、使い心地、オーガニック成分などを基準に選んでみてくださいね。

赤ちゃんの皮脂は2ヶ月頃減っていく

赤ちゃんの皮膚は、生まれたばかりの頃は皮脂がたっぷりとあります。

でも生後2か月頃から皮脂分泌が激減し、角質層にある水分量が大人の3分の2程度になりm急に乾燥しやすくなります。

この時、肌の保湿が十分でないと、赤ちゃんの肌から水分が蒸発し放題になり、見た目のカサカサだけでなく湿疹をともなったり、炎症を起こるなどトラブルが起こりやすくなります。

やはり、毎日の保湿はとても大切です。

赤ちゃんの角質層は皮膚の一番上にあるので、直接外から保湿剤を塗ってあげるのが一番即効性があります。

また、

  • お風呂で洗いすぎない
  • 液体ではなく固形の無添加石鹸を使う
  • 部屋の湿度もしっかり保つ
  • 保湿はお風呂上がりすぐに行う

このようなことも、赤ちゃんの肌を健やかに保つためには有効ですよ!

まとめ

今回はジョンソンベビーローションが合わない場合、どんな対処法や商品がいいのかというお話でした。

いかがでしたでしょうか、参考になりましたか?

赤ちゃんの肌はとても敏感で、肌トラブルのタイプもいろいろあります。

でも大抵のトラブルは、肌バリアをしっかり作ってあげることで回避できます。

いきなり全身にたっぷり塗ることをためらう時は、パッチテストをしてみるのもいいでしょう。

1日たっても炎症など起こさなければ、比較的安心して使えるものだということです。

まだまだバリア機能が弱い赤ちゃんの肌を、ママのケアで守ってあげてくださいね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする