【危険?】赤ちゃんのうんちの色が緑の時に考えられる原因と病気の有無

赤ちゃんのおむつ替えをしていて、

このように驚いたことはありませんか?

・ある日突然、赤ちゃんのうんちの色が、緑色になった

・緑色のうんちの日が続く

・黄色とすこし混じった色で、判断しにくい

・病院でみてもらった方が良い?

赤ちゃんのうんちの色が緑色だと、

ママも不安になりますよね。

ここでは、

・赤ちゃんのうんちの色が緑になる原因

・ママが知っておきたい要注意のうんちの色3タイプ

・匂いや硬さで注意したいこと

を書いていきます。

悩んでいるママはぜひ参考にしてみてください。

原因が分かれば安心ですし、

どんなときに病院へ連れて行ったらいいのか?

これを知っていれば慌てません。

赤ちゃんのうんちの色が緑になる原因

赤ちゃんのうんちが緑色になる主な理由は、ズバリ、「うんちの酸化」です。

うんちの酸化は、下記のような原因から起こります。

1.ママの母乳の中の成分によるもの

2.ミルクの成分によるもの

3.腸内の成長による変化

4.おむつ替えまで時間があいた

1.ママの母乳の中の成分によるもの

母乳は、ママの食べたものや

体内の栄養を直接赤ちゃんに届けます。

この母乳に含まれるビフィズス菌や

乳酸菌が、うんちの酸化を促します。

そのため、赤ちゃんのうんちが

緑色になる場合があります。

2.ミルクの成分によるもの

昔は、母乳で育てる赤ちゃんのうんちは緑色、

ミルクの子は、黄色っぽいうんちといわれていました。

しかし今は、ミルクの成分も

母乳に近づけるよう、開発されています。

そのため、ミルクで育てている赤ちゃんでも、緑色のうんちが出る場合もあります。

これは、メーカーによって、

母乳と同じようにビフィズス菌や

乳酸菌を豊富に含んでいる事があるためです。

3.腸内の成長による変化

赤ちゃんのうんちの色は、

腸に滞在する時間が長いほど、

緑色になりやすいです。

これは胆汁の色素が酸化し、

ビリベルジンという物質に変化するためです。

成長するにつれて、赤ちゃんは

便を腸にためることができるようになっていきます。

そのため、生後2か月をすぎ、

うんちをする間隔が少しずつ空くようになると、

緑色のうんちがでる事があります。

また、哺乳瓶を使っている赤ちゃんは、

飲んでいるときに空気が入りやすいため、

うんちの酸化がしやすい事も挙げられます。

4.おむつ替えまで時間があいた

うんちをした直後は、黄色っぽくても、

オムツ替えまでに時間が空いた場合、

酸化して緑っぽくなっている場合があります。

この場合は、少し色むらがあるでしょう。

スポンサーリンク

緑色のうんちでも大丈夫?ママが知っておきたい要注意のうんちの色

緑色のうんちは、酸化によるもの。

つまり自然に起こることですので、

心配いりません。

ですが、うんちの色は健康のバロメーター。

言葉が離せない赤ちゃんのSOSが

出ている場合もありますので、

オムツを替えるときは、

下記の事をチェックしましょう。

【ウンチの色が白(クリーム色)】

母子手帳のうんちの色の確認カードにも記載があります。

胆道閉鎖症の疑いがある時、白っぽいうんちが出ます。

また、急性の胃腸炎などの場合にも

白っぽくなる場合があります。

この時は、嘔吐や腹痛を伴います。

【ウンチの色が赤】

線のような血が付着したような時は、

肛門付近の粘膜が傷ついて

出血してしまっていることも考えられます。

このような場合は、1回限りのことも多く、自力で傷も治ります。

その後、下痢や発熱を伴う場合なら感染症、

大量の血や鮮血が混じる時には、

細菌性腸炎も考えられます。

【ウンチの色が黒】

ママの母乳に鉄分がたくさん含まれていた場合は、うんちが黒っぽくなります。

栄養による影響は、

数日で元の色に戻りますので、心配いりません。

ただし、血が混じっている場合や、

血液が酸化し黒っぽくなっている場合は、

消化器官内での出血が考えられます。

母乳の場合は、ママが食べたものや

その日によって、便の色が変化します。

一時的な色の変化に一喜一憂する必要はありません。

ただし、白っぽい場合や、赤黒っぽい場合はすぐに病院へ。

また、発熱や赤ちゃんの機嫌が

悪いといった同時の症状が

出ていないかも確認してください。

においやかたさで注意したいこと

においや硬さは、母乳かミルクかによっても異なります。

母乳の場合は、酸っぱいにおいがしますが、

ミルクの場合は、粉ミルクの臭いが主となります。

また、硬さもその時々によって違いますが、

緩くクリーム状の場合がほとんど。

これもその日の水分量によって異なります。

ただし、水分が不足すると便が出しにくく、

赤ちゃんにとって負担になりますから、

水分補給はこまめにしてあげましょう。

まとめ

あかちゃんのうんちが、緑色だとママは驚きますよね。

それがずっと続くと不安になりますが、

原因はうんちの酸化。

離乳食が始まると、色も臭いも

また変化しますので、安心してください。

それと同時に、うんちは赤ちゃんの

健康を知る大事なサインです。

一時的な変化は気にしなくても大丈夫。

ただし、うんちの色が、赤・白・黒の場合は、

重大な病気を発症している場合がありますので、

すぐに病院へ連れていきましょう。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする