レカロゼロワンの口コミや評判|みんな声と安全性などを詳しくチェック!

これから赤ちゃんを迎える準備をしているママ、チャイルドシートはもう購入されましたか?

大切な赤ちゃんの命を守るものですから、車でお出かけする時はチャイルドシートは必ず必要になりますよね。

チャイルドシートと一言でいっても、いろんなメーカーからたくさん出回っています。

一体どんなチャイルドシートを赤ちゃんに選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は赤ちゃんの安全を第一に考えて作られた、レカロのゼロワンをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

レカロ ゼロワンの特徴は?

レカロはドイツの自動車シートのメーカーで、レースカーなどの特殊なシートを手掛けるブランドですよね。

車好きの人なら、一度はあこがれるメーカーではないでしょうか?

レカロ=高級スポーツカーシートというイメージがありますが、実はチャイルドシートも作られてます。

それが「ゼロワン」というチャイルドシートで、新生児から4歳ぐらいまで使えるようになっています。

さすがスポーツカーのシートを作るメーカーだけあって、ゼロワンはとてもこだわりを感じられるチャイルドシートです。

とくに安全性に配慮されたチャイルドシートで、衝撃の軽減に力を入れて作られています。

例えば衝撃から守る機能(ASP・側面保護機能)が搭載され、この機能のおかげで衝撃をいち早く受け止め本体シェルで吸収・分散してくれます。

さらに衝撃吸収在内蔵のヘッドサポートとクッションが3層になっていて、赤ちゃんの頭部をしっかり守ってくれます。

いざという時に、赤ちゃんの小さな体と頭部をしっかり守ってくれるのがよく分かりますよね。

車に乗せる赤ちゃんを守るため、安心・安全に特化したチャイルドシートだと十分言えます。

スポンサーリンク

レカロ ゼロワンの気になる口コミ

実際にレカロのゼロワンの購入を決め、使用しているママたちはどのように感じているのでしょうか?

次に口コミをいくつか見ていきたいと思いますので、こちらも参考にしてみてください。

シートがメッシュ素材で通気性がよく、汗かきの赤ちゃんでも熱がこもらない
赤ちゃんをしっかりと包み込むようなフォルムで乗り心地がいい
固定は座席部分だけでなく、床につい立てが伸びる仕組みになっていてしっかり固定できるので安心
シートが360度回転し、回転レバーも側面についているので赤ちゃんを起こさず方向転換できる
長く使ってもへたらないようしっかりした作りになっている
重量感があるので、取り付けは一人ではできない
完全にリクライニングできないので、生まれたての赤ちゃんには使えない

以上が実際に使用したママたちの感想になります。

やはり安心して赤ちゃんを乗せられるチャイルドシートであることは間違いなさそうですが、購入する前に少し注意したい点もありそうですね。

⇒ レカロ ゼロワンの商品一覧はこちらから

レカロ ゼロワンの知っておきたいメリットとデメリット

レカロの ゼロワンの安全については申し分ありませんよね。

衝撃を軽減する機能が充実していますし、座席にしっかり固定させられるので安定します。

また赤ちゃんをしっかり包み込むようなシートなので、赤ちゃんに心地よい安心感を与えることもできます。

車に乗せるときもシートが横向きになるので、赤ちゃんを乗せたりおろしたりするのに助かりますし、汗かきの赤ちゃんにとっては通気性のいいメッシュ生地はかなりおすすめです。

でも以下のようなデメリットもあるので、こちらも合わせて見ておきましょう。

・重たいので、簡単に取り外しはできない

・ISOFIX(アイソフィックス)という固定方法が対応していない車種では使えない

・回転レバーは側面で分かりやすいが、シート自体を回転させるのにコツがいる

・シートがベッドタイプにならないので、新生児を乗せるには不安

・リクライニングが三段階までしかない

・価格が約6万円前後と高め

などがレカロゼロワンを購入する前に考慮してほしい点です。

購入してから後悔しないように、しっかり検討してみてください。

レカロゼロワンはどんな人におすすめできるか?

ここまでのお話で、このレカロゼロワンをおすすめできるのはこんな人だと言えます。

  • レカロのブランドが好きで、車のシートにこだわりがある
  • 少々価格が高くても、安全性を第一に考えたい
  • ISOFIX対応の車に乗っている
  • 車で出かける機会が多く、頻繁に遠出する
  • 自家用車だけにゼロワンを取り付ける予定
  • 子供が4歳前後になるまで、長期間使えるものがほしい

以上の条件が合うのであれば、レカロゼロワンはピッタリのチャイルドシートだと言えますよ。

⇒ レカロ ゼロワンの商品一覧はこちらから

まとめ

いかがでしたか?

小さな赤ちゃんを守るため、安心してドライブするためにもきちんとチャイルドシートを選ぶ必要がありますよね。

これから赤ちゃんの成長とともにお出かけする機会がどんどん増えますので、ぜひ安全性に優れたレカロ ゼロワンの購入をおすすめします。

スタイリッシュでシンプルなデザインなので、どちらかというと男の子に喜ばれそうです。

ママよりパパが気に入ってしまいそうですね。

きっと家族のお出かけが楽しくなりますよ。

⇒ レカロ ゼロワンの商品一覧はこちらから

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする