【生後2ヶ月】おへそが出てる時の正しい対処法と病気の見分け方

赤ちゃんのおへそは、へその緒でママと繋がっていたわけですが・・・

たまに生後2ヶ月ぐらいになっても、赤ちゃんのおへそがポコンと膨らんでいる子がいます。

・ビー玉が入っているみたいに膨らんでいる。

・押すと引っ込む。

・けどまた出てくる!

・泣いたり力んだりすると、薄紫色っぽくなる。

こういう症状を見ると、「何かの病気!?」って焦りますよね;

この記事では、赤ちゃんのおへそが膨らんでいる症状についてまとめていきます。

「どうしてそうなっているのか」

「どうしたらいいのか」

を書いていきますので、ぜひお役に立ててくださいね。

おへそがビー玉ぐらいに膨らんでる!これって異常?

おへそがポコンと出ているのは・・・

ずばり「臍ヘルニア(さいヘルニア)」でしょう。

「病気なの!?」ってショック受けちゃうかもしれませんが、まずは安心してください。

臍ヘルニアって単なる「でべそ」のことです!!

赤ちゃんに「でべそ」が多いのは、よく知られていること。

「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。

つまり、体の中の内臓がおへその位置に出てしまって、

お腹を押し上げてるってことなんですね。

内臓なので、薄紫色や赤っぽく見えることもあります。

内臓と聞くとちょっと怖いですが、よくあることです。

赤ちゃんが泣いたりウンチしたときにポコンと出てしまうのは、力むことによってお腹に圧力がかかるから。

いくら押さえたり引っ込ませても、たびたび出てきてしまうのは、赤ちゃんが押し出しちゃってるからだったんですね。

大体は1cm~2cmほどですが、まれにピンポン玉ほどにまで膨れてしまう子もいるそうです。

スポンサーリンク

臍ヘルニアはどうしたら治るの?

臍ヘルニアの治療法としては、

「医療用テープで出てこないように押さえつける」

というものがあります。

また、あまりに大きくなった場合は処置をすることもあります。

昔はコインを張り付けて押さえる、という方法が一般的だったようです。

不衛生なので今はやらなくなったとのこと。

ただ、臍ヘルニアは「90%が3年以内に治る」と言われています。

この症状は、赤ちゃん本人は痛くないのが特徴。

つまり放っておいても、赤ちゃんに害はないんですね。

赤ちゃんが成長し、動くようになると、腸が本来の場所にきちんと入るようになります。

それを押さえつける腹筋が成長してくるので、ポコンと出てくることもなくなるのです。

ただ、成長しても出たままの場合、処置が必要なケースもあります。

まずは1歳ごろになったときに経過が変わらなければ病院に行きましょう。

そこで「いずれ治るもの」なのか、

「処置が必要なもの」なのか、

「もう少し様子見」かを診てもらうのがいいでしょう。

また、赤ちゃんが痛がっている様子があったら、それは危険です。

単なる臍ヘルニアではなく、何か違う症状が併発している可能性もありますので、すぐにお医者さんにかかってください。

まとめ

以上、「生後2ヶ月赤ちゃんのおへそがとっても出ている」ときの情報まとめでした。

ぽこんと出てる分には可愛いですし、本人も痛くないならいいかな、と思うんですが。

でも「大きくなってもこのままだったらどうしよう・・・」って心配になっちゃうのが親心ですよね^^;

お医者さんにかかっても、恐らくは「しばらくは様子を見ましょう」と言われることと思います。

実は、他でもない私も、幼少期はお腹の上にブドウぐらいの大きさの「ポコン」がありました。

体や筋肉が未熟ゆえの「脱腸」だったのですが、小さいころは「ダチョウ」だと思っていましたw

これは小学校ぐらいですっかりキレイに治りましたよ。

成長途中の子どもの体って、大人には想像もできないふしぎな現象がありますよね。。

ということで、「痛がっていない」のであれば、しばらく様子見で大丈夫。安心してくださいね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする