プスプスの乳母車の口コミ!実際の使い勝手やメリットデメリットを詳しく!

ベビーカーが主流となった今ではあまり見かけなくなった乳母車ですが、「プスプス」の乳母車はじわじわと人気が出てきていますよね。

見た目もかわいくてオシャレですが、乳母車についてあまり知らないママも多いですよね。

そこで今回は「プスプス」の乳母車に注目してお話ししようと思います。

実際に「プスプス」の乳母車を使っているママの口コミや感想、特徴や使い勝手などもご紹介していきます。

購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

プスプス 乳母車の特徴

プスプスの乳母車は「東京乳母車」という会社が制作しており、正式名称は「バスケット式ベビーカー プスプス」と言います。

その名の通り車輪の上に取り付けられた大きなバスケットがとても特徴的で、思わず「かわいい」と言ってしまいそうなデザインです。

現在ではなかなか見かけなくなったレトロなスタイルですが、そこが逆に新鮮なインパクトを与えてくれますよね。

プスプスは折りたたむことはできませんが、バスケットと台車部分が着脱可能になっています。

バスケットは籐で作られたカゴになっていて、中が広々したベッドのような感じになっています。

赤ちゃんをベルトで固定する必要はなく、もし必要ならば転落防止のチャイルドフェンスを取り付けることもできます。

移動はもちろんですが、家の中でもサークルとしても活用でき、バスケットの中で赤ちゃんの好きなスタイルで過ごすことが可能なんですね。

広さと自由さという特徴から、とくに双子の赤ちゃんを持つママに人気があります。

スポンサーリンク

プスプス乳母車の口コミは?

では実際、プスプスを使用しているママたちはどう感じているのでしょうか?

先輩ママたちの口コミはとても重要な判断材料になりますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

口コミのまとめ

周りで乳母車タイプのベビーカーを使っている人がいないので目立つ
懐かしさも感じる優しいデザインでオシャレ
カゴが高い位置にくるので、外出先のほこりやアスファルトからの照り返しから赤ちゃんを守れる
カゴが独立するので、赤ちゃんを寝かせたままカゴごと移動でき、帰宅後もそのままベッドとして利用できる
これ一台でベビーカー、ベビーベッド、バウンサーの役割を果たしてくれるので、ロングユースでお得感がかなりある
年子の兄弟や双子の場合、一台でいろんな場所への移動できるのが楽

ベルトもなく赤ちゃんがバスケットで自由にできる反面、安全性には欠ける
折りたためないので、公共の移動手段は制限される場合がある

普通のベビーカーよりかなり高額

などの声が聞かれました。

やはりデザイン性や話題性、バスケットの大きさが評判のようですね。

ただ少し気になる注意点もあるので、次はメリットとデメリットに分けて書いていきたいと思います。

⇒ プスプスの乳母車一覧を見てみる

プスプス 乳母車の良いところ・悪いところ

購入後に後悔しないためにも、プスプスの良いところと悪いところを把握しておくことはとても大切です。

良いところ

  • デザイン性が高くオシャレ
  • カゴが独立するので、室外・室内問わず使える
  • 一台でベビーカー、ベッド、バウンサーとして3才まで使用できる
  • カゴの中が広いので、兄弟や双子など複数人を乗せて移動するのが楽
  • カゴが高い位置に来るので地面からの危険から赤ちゃんを守れる

悪いところ

  • 個性的なので目立ちすぎる
  • 折りたたみができない
  • 大きいので乗り物に乗り降りする時が大変
  • ベルトがないので急な危険を回避できるのか分からない

プスプスの購入を検討しているママやパパは、以上の点をよく考慮し考えてみてくださいね。

プスプス 乳母車はどんな人へおすすめ?

ここまでのお話で、プスプスがどんなものなのかだいたいお分かりいただけたと思います。

そこで、次にどんなママにプスプスをおすすめできるのか書いていきたいと思います。

まず普通のベビーカーより高額になりますので、価格にこだわらないということが前提になると思います。

そのうえで、デザイン性、オリジナル性を大切にしたいというママにはピッタリではないでしょうか。

使い勝手については個人差はありますが、1台で年の近い兄弟や双子の赤ちゃんを乗せて移動できるということはとっても魅力的です。

ただ折りたたんでコンパクトになるわけではないので、しょっちゅう電車やバスに乗らなければならないママにとっては不便に感じる点も多いかもしれません。

つまり自宅を中心に、徒歩での移動がメインであれば快適にお散歩も楽しめますよね。

以上のような条件が当てはまるなら、きっとあなたのライフスタイルに合った商品だと言えます。

まとめ

昔ながらの乳母車ですが、今のママさんに会ったデザインも取り入れたプスプスは新しいスタイルのベビーカーでもあります。

なかなか手軽に買える値段ではないのはネックかと思いますが、もしあなたの生活や育児に馴染めるものなら購入されていいと思います。

とくに双子の赤ちゃんにとっては、広々としたバスケットの中で自由に過ごせることはきっと楽しいはずです。

今回のお話を参考にしていただき、プスプスの購入を検討してみてくださいね。

⇒ プスプスの乳母車一覧を見てみる

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする