【最新版】母乳育児やミルク混合育児の割合ってどれくらいなの?

母乳が出ないママにとっては、授乳は悩みの種でもありますよね。

母乳育児が良いとは聞くけれど、いったいどのくらいのママと赤ちゃんが母乳育児なのでしょうか。

・母乳育児は、どのくらいの割合でママが行っているの?

・母乳が出ないのは私だけ?

・母乳とミルク混合での育児ってどんな風に行うの?

育児が始まってしまうと、忙しくてなかなか自分で調べることもままなりません。

また、周囲の友人やご家族に聞いてみても、それぞれの状況により、選択する授乳方法は違います。

そこで、このページでは、

・最新版!母乳育児・ミルク育児の割合

・ミルク育児のママの割合の昔と今

・ミルク育児が減り、母乳育児の割合が増えた理由

・混合育児のメリット

をご紹介します。

母乳育児のママも、混合育児やミルク育児を考えているママも、ぜひ参考にしてみてください。

最新版!母乳育児・ミルク育児の割合

2015年度乳幼児栄養調査結果(厚生労働省調べ)

【母乳育児の割合】

生後1ヶ月の赤ちゃんのママ・・・51.3%生後3ヶ月の赤ちゃんのママ・・・54.7%

【混合育児の割合】

生後1ヶ月の赤ちゃんのママ・・・45.2%

生後3ヶ月の赤ちゃんのママ・・・35.1%

【ミルク育児の割合】

生後1ヶ月の赤ちゃんのママ・・・3.6%生後3ヶ月の赤ちゃんのママ・・・10.2%

出典:厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000134208.html)

厚生労働省の2015年度の調査結果では、生後1ヶ月の時と3ケ月の時の母乳育児では、5割を超えているという調査結果が出ています。

これは調査を開始した1985年度から10年ごとに行ってきた過去4回の中でも一番多い割合です。

スポンサーリンク

ミルク育児のママの割合の昔と今

【2005年度ミルク育児の割合】

生後1ヶ月の赤ちゃんのママ・・・5.1%生後3ヶ月の赤ちゃんのママ・・・21.0%

【2015年度ミルク育児の割合】

生後1ヶ月の赤ちゃんのママ・・・3.6%生後3ヶ月の赤ちゃんのママ・・・10.2%

出典:厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000134208.html)

2005年の調査では、生後3か月の頃のミルク育児の割合は20%を超えていました。

これが、次の10年で半分の数値にまで減っています。

ミルク育児が減り、母乳育児の割合が増えた理由

完全ミルク育児の割合が減った理由は、下記3つが考えられます。

1.厚生労働省を中心に母乳育児が推進され始めたこと

2.病院や出産施設などでの積極的な母子同室や母乳指導

3.母乳ケアを行う知識の広がりやアイテムの普及

特に、病院などでの専門的な指導は大きい理由の一つです。

母乳を出すための基礎知識やマッサージ、食事指導などを病院で受けることにより、母乳育児へのママの意識も高くなってきたのでしょう。

また、昔であれば、母乳が出なくて諦めていたママも、知識の広がりや専門サロンなどの利用により、改善できる方法が、より身近になった事もあげられます。

これは2015年度の調査で、生後1ケ月の頃より、3ケ月の頃の方が母乳育児の割合が高いことからも読み取れます。

ママが何らかの母乳ケアを行い、母乳育児へと移行したと考えられるでしょう。

母乳が十分に出ずに困っているママへの混合育児の3つのメリット

母乳育児を行いたいが、十分に出ない・・・というママは多いと思います。

そういう時は思い切って、ミルクとの混合育児を選択してみてもよいかもしれません。

2015年度の調査でも、生後1ケ月後の赤ちゃんを混合育児で育てているのは、約45%と端数に近い数字です。

混合育児は、下記のように、大きなメリットが複数あります。

混合育児の3つのメリット

1.赤ちゃんが、空腹によってぐずることが少なくなる

2.ママ以外の人が授乳しやすい

3.完全母乳育児の復活も可能

ママと赤ちゃんの状況によって混合育児の活用方法は様々。

ママが母乳を飲ませる以上、母乳育児のためのママの生活は変わらず、それに加えて哺乳瓶の管理や調乳の手間も発生します。

面倒と感じるママもいるかもしれません。

しかしながら、ベストな授乳方法を探るためにも、両方試すことは有効的な授乳方法です。

私も初めは混合でしたがなんとか母乳量を増やしたいと、こちらの方法を試して解決しました。

マッサージのように通う必要もなく、家で簡単に続けられたので、結果が出やすかったです。

「母乳も頑張ってみようかな」そんなママは参考にしてくださいね。

まとめ

ママの体は、当たり前のように、母乳が出るわけではありません。

体質によって母乳が出ないママはいます。

また、ママの体の具合によっては、母乳が出たとしても、ミルク育児を選択しなければならないことも。

完全母乳育児やミルク育児の割合をご紹介しましたが、あくまで参考程度と捉えましょう。

愛情をかけながら赤ちゃんに行う授乳は、ミルクでも母乳でも、かけがえのないものです。

ぜひママと赤ちゃんにあった授乳方法を取り入れてくださいね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする