母乳の消毒っていつまで必要?やめるタイミングとやめたあとのケア

母乳の消毒について、こんなことで悩んでいませんか?

・授乳ごとの消毒っていつまでやるのが正しいの?

・授乳ごとに拭くのが面倒になってきた

・入院中は消毒しなかったけど消毒した方がいい?

・みんな、お手入れどうしてるのかな

もしあなたがこのようなことでお悩みなら、

この先を読み進めていただけま したらと思います。

疑問がスッキリ解決しますよ(*゚▽゚*)

母乳消毒の必要性と続ける時期について

母乳消毒について、以下の4つをぜひご覧ください。

・消毒は何のために必要なのか

・乳首の消毒はいつまで続けるべき?

・母乳の作用と消毒のデメリット

・消毒の代わりに正しいケアを知る

乳首の消毒は何のために必要なのか

以前は勧められていた母乳の消毒。

今は消毒しないことが、

当たり前に変わってきています。

乳首は赤ちゃんが直接口にする場所だから、

清潔を保つために消毒が必要だと考えられていました。

でも今は、

・汚れが目立つとき

・においが気になるとき

こんな時にだけ使うことが多くなってきています。

それは、直接口に入れる場所だからこそ、

消毒したての乳首で授乳することに

抵抗を覚えるママが増えているからでしょう。

ただし、感染症予防の面から考えると、

消毒は必要と言う意見もあります。

乳首の消毒はいつまで続けるべき?

赤ちゃんの生んだ産院によって、

授乳前の消毒に関しては意見が違います。

入院中に消毒をしていた人も、

退院すると消毒し なくなったりしますね。

実はいつまでという決まりはありません。

ママがいいと思う時まで続けて もよいし、

必要ないかなと思ったら

途中でやめても良いのです。

昼間に頑張って消毒をしていても、

夜中の授乳の時に赤ちゃんが泣き出したら、

消毒なしにパッとあげてしまうこともあると思います。

眠たい目をこすりながら母乳を上げるだけでも大変です。

この辺はママの気持ちで、

臨機応変に対応して良いと思います。

ないと思います。

母乳の作用と消毒のデメリット

消毒は乳首を清潔に保ってくれるというメリットと共に、

消毒をしすぎてしまうと、

乳首の裂傷に繋がるデメリットもあります。

また、雑菌を滅菌することにより、

雑菌に対しての免疫力が弱くなってしまい、

おなかが 弱い子になってしまう可能性も考えられるのです。

母乳には元々滅菌作用があるので、

消毒で滅菌しなくても大丈夫なんです。

あまり神経質にならずに、

母乳の免疫力で赤ちゃんを守ってあげましょう。

消毒の代わりに正しいケアを知る

正しいケアとして、ママの体を

清潔に保つのが1番大切だといえます。

毎日お風呂に入ることやガーゼなどで拭くことで

消毒を使用せずに、清潔にしていく事が出来ます。

そして、母乳の消毒より重要なのが、

母乳パッドの交換です。

母乳パッドは、ずっと同じ ものを使用していると、菌が繁殖しやすいです。

生理用のナプキンと同じだと考えてくだ さい。

菌が繁殖しやすくなるうえに、

においもきつくなってきます。

ですから、母乳の消毒よりも、

母乳パッドの交換を忘れずにすることが正しいケアといえま す。

スポンサーリンク

まとめ

消毒をすることにより、

・赤ちゃんが大好きなママのにおいを拭き取ってしまう

・乳首の裂傷に繋がってしまう

こんなことが起こります。

だから、万が一汚れやにおいが気になるときでも、

ガーゼなどで軽くふき取るだけで十分です。

母乳の消毒は、大抵のママは退院してから

1か月間くらい頑張り、

その後は徐々に回数が減ってき ています。

赤ちゃんも抵抗力は持っているので

神経質にならなくても大丈夫です。

もともと、母乳には滅菌作用があるので、

・母乳パッドのこまめな交換

・お風呂に入ってママの体の清潔を心がける

この2つを意識していれば大丈夫ですよ。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする