アルコールが入ったお菓子って、

授乳中は食べたらいけないのか?

気になりますよね。

・授乳中に洋酒入りケーキをもらったけどどうしよう

・アルコールの影響が気になる

・アルコール入りのお菓子って授乳中に食べても大丈夫なの?

・お酒を飲むわけじゃないから食べたいんだけど

あなたがもしアルコール入りお菓子を授乳中に食べても良いか悩んでいるのなら、

この先を読 み進めていただけましたらと思います。

赤ちゃんにおっぱいをあげているので、

食べ物は安心して摂りたいですよね。

ここでは、

・アルコール入りのお菓子を食べたら、赤ちゃんにどんな影響があるのか?

・どんなお菓子なら大丈夫か?

・もし食べてしまったら、授乳はどれくらい止めればいいのか?

などを詳しく書いていきます。

授乳中のアルコール入りお菓子の影響について

授乳中のママにアルコールはどんな影響があるので、

以下の4つをぜひご覧ください。

・食べ物に含まれるアルコールの影響

・授乳中に洋菓子を食べるときの注意点

・アルコール摂取の赤ちゃんへの影響

・アルコール摂取後の授乳

食べ物に含まれるアルコールの影響

あなたが食べたものはそのまま母乳となり、

赤ちゃんの栄養になります。

アルコール含有量が0.1%くらいの食べ物は母乳には影響を与えません。

でも2%を超える含有量だと、

母乳に影響を与えてしまうので、

成分表示や但し書きを見て、

アルコールを摂取しないように気をつけてください。

アルコールは赤ちゃんの未熟な体にはとても大きな負担となり、

脳に影響を与えてしまうこともあります。

大人にとっては楽しみの一つでもあるアルコールは

赤ちゃんにとっては害しかないので、

気を付けて摂取しましょう。

お菓子にアルコールがどれくらい入っているかの目安

洋酒やワイン味のゼリー →アルコール濃度0.1~1%未満

焼き菓子・プリン    →アルコール含有量少ない(加熱しているので0に近い)

アルコール入りのお菓子を食べるときは、

加熱しているものかも、

選ぶポイントになりますね。

授乳中に洋菓子を食べるときの注意点

お菓子には香りづけや保存のために

アルコールを使用しているものがあります。

市販の洋 菓子はアルコール含有量が少ないものが多いですが、

なかにはアルコール含有量が1%を 超えるものもあるので、

・成分表示

・原材料

・但し書き

これらに気を付けて食べましょう。

高価なスイーツやネット通販で購入できるものは、

アルコールが多めに使われていること が多いので控えるようにしましょう。

アルコールは加熱すると、

アルコール濃度がほぼ0に近くなるので、

焼き菓子などは心配 いりません。

ラムレーズンが入っているものや

お酒入りのチョコレートなどは、

アルコ ールが残ってしまっているので、

授乳後に食べるか、時間を空けて授乳してください。

アルコール摂取の赤ちゃんへの影響

あなたがお酒を飲むということは、

母乳を栄養としている赤ちゃんの体内にも

入ってしま うということです。

ビール1杯程度(350ml)なら、

約5%のアルコールを摂取していることになるので、

赤ちゃんも同じ濃度のアルコールを摂取していることになります。

アルコール濃度の濃いものや、

アルコールの多量摂取は

赤ちゃんの体に大きな影響を及ぼします。

アルコール摂取後の授乳

内臓が未熟な赤ちゃんが母乳から

大量のアルコールを摂取してしまうと

急性アルコール中毒になってしまう可能性があります。

ひどいアルコール中毒は、

こん睡状態に陥ることもあります。

アルコールは赤ちゃんの胃腸にも負担となり、

下痢を起こします。

怖いことに赤ちゃんの脳にも影響してきます。

お酒を飲むことが悪い事ではありませんが、

授乳中は十分に気を付けたいものです。

もし、多量にアルコールを摂取してしまった場合は、

アルコールが体内から抜けるまで

ミ ルクを飲ませたほうがよいです。

授乳をするときは、7時間ほど時間を空けて授乳してください。

まとめ

授乳中にアルコール入りのお菓子を食べることは、

授乳には差し支えないということが分かっています。

しかし、アルコールは入っているので、

気になってしまう場合や、

不安な場合は避けた方がいいかもしれません。

ほとんどが1%未満のアルコール含有量ですが、

中には2%以上の物もあるので、

成分表 示を見て、摂取するかしないかを決めてくださいね。

また、コップ1杯程度のビールは

授乳に影響しないといわれています。

ですから、洋菓子もよほどの量を食べない限りは

アルコールを摂取とは言えないと考えられます。

それでも、気になるときは、

しっかり時間をあけて授乳しましょう。