ベビーフードを食べない赤ちゃんに外出先でも離乳食をあげる方法

赤ちゃんがベビーフードを食べてくれないので、

外出の時の食事に困ると悩んでいませんか?

・何でベビーフードを食べないの?

・外出した時の食事はどうしよう

・手作りの離乳食を外出にもって行っても悪くならない?

あなたがこのようなことでお悩みなら、

この先を読み進めてみて下さい。

離乳食が始まった赤ちゃんによって、

ベビーフードを好まず食べてくれないこともあります。

なので、外食は困ってしまいますよね。

外食に行くだけでもためらってしまったり、

誘われても断ることもあります。

でも、大丈夫。

ベビーフードを食べてくれなくても、

外食時に赤ちゃんの離乳食について、

悩まなくて済むコツをご紹介します。

これで安心して外出できるようになります。

外食時にベビーフードを使わず食事を乗り切る方法

赤ちゃんがなんでベビーフードを食べてくれないのか、

またベビーフードを使わずに、

離乳食を食べさせる方法をご紹介します。

・何でベビーフードを食べないのか

・手作り離乳食を安全に持ち運ぶには

・普通のメニューから食べられそうな物を分ける

何でベビーフードを食べないのか

赤ちゃんによって好みもありますが、

ベビーフードを外食の時に食べてくれると助かりますよね。

しかし、食べてくれないのは

味が少し濃いと感じる赤ちゃんもいるからです。

このような赤ちゃんは、

ママが作る離乳食が大好きなんです。

こう考えると、何だかとても愛しいですよね。

また、食事の環境が違うことで、

外食でベビーフードを食べてくれない赤ちゃんもいます。

これを解消するには、

お家で練習してみるのがおすすめです。

赤ちゃんが一人目のご家庭は、

食事の時は静かに集中させて食べさせようと、

雑音がないように工夫したりしますよね。

それも大切な事です。

しかし、外食となると周りは当然ガヤガヤして、

雑音だらけになってしまいます。

だから、

・環境の変化に赤ちゃんがビックリする

・他に興味が出てしまい食事に集中できない

こんな理由で食事を食べないこともあります。

なので、日常の食事の時間も

少し音楽をかけてみるなど工夫してみることで、

赤ちゃんが外食の雰囲気に慣れやすくなります。

慣れたら、赤ちゃんによっては

ベビーフードも落ち着いて食べてくれますよ。

手作り離乳食を安全に持ち運ぶには

ベビーフードを食べてくれない、

離乳食初期の赤ちゃんは

どうしてもママの手作り離乳食を持って行かなくてはなりませんよね。

手作りの離乳食は、蓋つきの容器に

凍らせて持って行くのをおすすめします。

何故かというと、あらかじめ解凍して持って行くと、

鮮度が落ち悪くなってしまうからです。

また、離乳食を冷凍したまま持って行くと、

まだ解凍されてなかったり冷たい場合があります。

そんな時は、水筒にお湯を持って行くと便利です。

すぐに温めて食べさせることができます。

移動時は保冷バックなどに入れて持ち運び、

ベビーカーの下のかごには入れないようにしましょう。

夏の炎天下では、アスファルトに近いベビーカーのかごは、

温度が上がり離乳食も悪くなってしまいます。

車で移動の時に離乳食を車に置きっぱなしにするのも、

車内が高温になるのでやめましょう。

普通のメニューから食べられそうな物を分ける

離乳食を持って行くのが面倒な時は、

大人が食べるメニューから赤ちゃんが食べられそうな物を、

少し取り分けてあげることもできます。

その際は、味付けが濃くなっているので、

水かお湯などで薄めてから

赤ちゃんに食べさせるようにして下さい。

また、形状も小さくしたり柔らかくしたりと食べやすくして下さい。

二人目の赤ちゃんには、

お兄ちゃんお姉ちゃんの子供向けの食事から

少し分けてもらうのも良いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

ベビーフードを食べてくれない赤ちゃんの気持ちや、

外出先へ手作りの離乳食を持って行く時のコツ、

そして外食から取り分ける方法などをご紹介しました。

外出の時、ベビーフードを食べてくれると、

本当に助かりますよね。

手軽だし衛生面でも鮮度を気にせず

持ち運び出来るので便利です。

ただ、赤ちゃんは成長の過程でどんどん変化しますし、

「こないだは食べてくれなかったけど、今日はもりもり食べた」

なんてこともあります。

また、上記に書いたとおり、

環境の変化を気にする赤ちゃんもいます。

おうちでは食べるのに外出先で食べないのは、

このタイプの赤ちゃんですね。

おうちでもベビーフードを食べないのは、

ママの手作りが好きなのです。

面倒ですが、離乳食は限られた期間ですから、

その場合は、手作り離乳食を冷凍して持って行きましょう。

また、外食先でママ達の食事を分けてあげる方法も、

「みんなと同じものを食べている」と感じて、

赤ちゃんも嬉しいかもしれませんね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする