【黒目の濁り】赤ちゃんの気になる目の症状の原因と受診の目安

赤ちゃんの体の事は、

どんな小さなことでも気になりますよね。

ある日、ふと赤ちゃんの目を覗き込んでみたら

赤ちゃんの黒目に、濁りがある・・・

そんな症状が気になって調べているママ、

下記に、

・黒目の濁り方から考えられる赤ちゃんの病気

濁り方1.濁る部分(場所)が一定箇所に定まっていない場合

濁り方2.角膜混濁

・赤ちゃんの診察に向いている病院選びについて

などの情報をまとめました。

病院に連れて行こうかと

迷っているママは、

ぜひ参考にしてみてください。

黒目の濁り方から考えられる赤ちゃんの病気

一口に、黒目の濁りといっても、症状は様々。

ここでは、大きく濁り方を2つわけてご紹介します。

【濁り方.1】濁る部分(場所)が一定箇所に定まっていない場合

主に赤ちゃんから出た不純物が

目に入ってしまっている場合が挙げられます。

(1)胎脂がついている

生まれてすぐの赤ちゃんは、

胎脂という白い脂で、体のあちこちを覆われています。

胎脂は、生後1ケ月前後にはとれていきますが、

赤ちゃんの目の中に混じる事もあります。

それが涙と混じり、虹色や油膜のような濁りに見えることも。

涙で自然に流れるのを待ちましょう。

赤ちゃんに影響があるものではありません。

(2)赤ちゃんの目やにによるもの

実は筆者の赤ちゃんも、

黒目部分の濁りが気になり、

眼科へと連れて行ったことがあります。

結果は、目やにによるもの、という診断でした。

(症状)

・黒目の中でも、濁る場所が一定ではない

・涙目になることが多い

といった事から、

濁りとしてみえている原因として

指摘されたのは、目やにでした。

目やには、

細菌などが混じる場合、

粘り気がある状態になるそうです。

それが、まばたきなどで移動し、

黒目部分にかかっていたため、

白っぽい濁りに見えていたのでした。

治療は以下の2つです。

・抗生物質の目薬を点眼する

・涙嚢マッサージ

1.目頭、鼻の付け根あたりを親指と人差し指で優しくつまむ。

2.目頭部分から、鼻の下方向へ圧迫するように10回程度行う。

これを1日2回ほど行う

上記のように、涙の通りをよくすることと、

細菌の発生を抑える事で、

目やにを減らすことができます。

【濁り方2】角膜混濁

黒目の瞳の部分が、

白い濁りがあるようにみえる場合、

角膜混濁の可能性があります。

角膜は本来、透明です。

ですが、これが様々な病気が原因で濁ることがあります。

以下は、角膜混濁の症状が現れる代表的な病気2つです。

(1)先天性緑内障

高い眼圧によって眼球が拡大する病気です。

日本での先天性緑内障の発症率は

赤ちゃんの約1万〜1万2500人に1人とされています。

その原因は、はっきりわかっていません。

生後すぐに発症している場合は、

産婦人科で診断されますが、

発症している赤ちゃんのうち、

生後6か月の時点での発症率も

60%ほどだといわれているため、

家庭でも、下記のような症状にも注意が必要です。

角膜混濁(黒目が白く濁って見える状態)のほかに、

・涙が多い

・極端に光を嫌がる、まぶしがる

・まぶたのけいれん

・黒目がかなり大きい

牛のように大きな黒目ということから、

牛眼とも呼ばれます。

失明の危険性があるため、

早急な手術により、眼圧を下げることが必要です。

(2)先天性白内障

生まれつき水晶体が混濁する病気です。

遺伝の他、風疹やトキソプラズマなどの病気に

子宮内感染してしまったり、

ママが服用した薬の影響でなることがあります。

角膜混濁(黒目が白く濁って見える状態)のほかに、

・斜視

・黒目の振れ方や眼球の動きがおかしい

といった症状が出てくることもあります。

視力障害や弱視、失明となる危険がある病気です。

発見が遅れた場合、視力の向上が期待できないため、

早めの受診が必要です。

症状が重い場合は、手術をすることもありますが、

軽い場合は進行度を

定期的に経過観察していき、処置していきます。

このほかにも、

先天無虹彩や難病指定されている

先天性角膜混濁なども

角膜混濁の症状が現れます。

症状は同じでも、原因の病気により治療法も異なります。

できるだけ早い段階で、

適切な治療を行うことが重要となります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの診察に向いている病院選びについて

小児科より眼科で診察してもらう事をお勧めします。

・かかりつけ小児科から紹介してもらえる眼科

・小児眼科

を選ぶようにしてください。

大人の治療と赤ちゃんの治療は異なります。

赤ちゃん(または子供)の成長過程に伴った適切な治療と

将来的に目の正常な動きができるようにするといった

観点での治療ができる眼科が良いでしょう。

まとめ

黒目の濁りといっても、

原因や病気によっても対応が全く異なります。

また、痛みを発する症状は稀であるため、

赤ちゃんの機嫌では、正常な判断がつきにくいです。

少しでも不安な場合は、早めに受診してください。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする