赤ちゃん肌という言葉があるくらい、赤ちゃんの肌はすべすべ、のはずが、

ほっぺが赤い、カサカサしているとお悩みのママは多いはず。

ここでは、

・ほっぺが赤い、カサカサする2大要因

・今日からできる3つのカサカサ対策

をご紹介します。

今日から実践できる内容をまとめましたので、

ぜひ参考にしてみてください。

ほっぺが赤い、カサカサする2大要因

生後2~3ケ月以降に一番起こりやすいのが、

赤ちゃんのほっぺが赤く、カサカサする現象です。

この大きな原因は2つです。

1.乾燥

2.病気が原因の時

 

1.乾燥

一番の原因は、乾燥です。

新生児期~生後2ヶ月頃までは、赤ちゃんの肌は皮脂の分泌が多い状態。

この時期は、乾燥よりも、

・新生児ニキビ

・乳児脂漏性湿疹

など、皮脂によるトラブルの方が目立つことがあります。

しかし、3ケ月を過ぎてくると、皮脂の分泌量がぐっと減り、今度は乾燥しやすくなります。

乾燥が進むと、ほっぺのかさつきや赤みが増す原因となります。

2.病気が原因の時

主に、ほっぺが赤くなる病気は下記のような場合です。

・風邪などによる発熱

・伝染性紅斑

・黄色ブドウ球菌

 

風邪などによる発熱

発熱と体温の上昇により、ほっぺが赤くなります。

伝染性紅斑

いわゆるりんご病といわれる病気です。

ウイルスにより、風邪に似た症状がでます。

両方のほっぺが赤くなる他に、腕やおなか、太ももなどに、

のこぎりの歯のようなギザギザとした発疹で出ます。

ほっぺも乾燥しますので、かゆがることがあります。

黄色ブドウ球菌

とびひとも呼ばれます。

あせもなどが原因で、赤ちゃんが掻くことにより

ばい菌が入って炎症を起こしているケースです。

この場合乾燥でなく、じくじくとしています。

抗生物質や塗り薬で治療する必要があります。

病気かも?と気になった場合は、まずは熱を測り、

機嫌良し悪しやほかの症状について、注視してください。

気になる症状がある時、発熱、機嫌が悪い場合は、

すぐに内科や皮膚科を受診しましょう。

今日からできる赤ちゃんへの3つのカサカサ対策

乾燥が原因の場合、まずはホームケアで対策しましょう。

一口に乾燥、といっても乾燥を招く要因は様々。

要因を知り、対策することが大事です。

以下の3つのぜひ意識してみてください。

1.乾燥するタイミングに合わせて、こまめに保湿する

2.秋冬など乾燥しやすい季節は保湿対策をしっかりやる

3.赤ちゃんをとりまく環境を整える

 

1.乾燥するタイミングに合わせて、こまめに保湿する

赤ちゃんが乾燥しやすい時はどんな時か、ご存知ですか?

実は、赤ちゃんを綺麗にしてあげる時なのです。

・入浴後

・よだれや汚れをふき取った時

上記2つのタイミングは、特にカサカサへの注意が必要。

入浴後は、肌から水分が蒸発しやすい時。

できれば5分以内に保湿剤を塗ってあげるのが理想です。

また、食事や授乳で口回りを拭いた後、

よだれをふき取る時には、うるおいまで一緒にふき取られてしまいます。

肌を清潔に保つことはとても大事なこと。

ですが、

繰り返し拭くこと=肌を刺激することでもあります。

結果、乾燥・肌荒れにもつながりやすいのです。

汚れを拭いた後は、こまめに保湿剤をつけてあげましょう。

保湿ケアの基本は、清潔にすることと、保湿することをセットで行う事なのです。

2.秋冬など乾燥しやすい季節は保湿対策をしっかりやる

油分が足りなくなる季節は、クリームなどを利用してしっかり保湿することをお勧めします。

ただし、こすったり洗ったりすれば取れてしまいますし、

市販のベビーローションなどは、皮膚に刺激がある成分もよく使われています。

敏感で弱い肌につけるものですから、無添加のものが良いでしょう。

私は自分の子供には、皮膚内部にとどまり時間がたっても取れない、

赤ちゃん専用の保湿剤を使っています。

ほっぺがカサカサして、かなり赤かったですが、

使い始めて、すぐ治まりました。

3.赤ちゃんをとりまく環境を整える

部屋で寝ていることが、ほとんどの赤ちゃん。

その環境は、赤ちゃんの体に大きな影響を与えます。

大人でも乾燥すると、調子が悪くなるように赤ちゃんにも、大気の乾燥は大敵です。

部屋の湿度が50~60%を保つように心がけましょう。

特に冬場は、乾燥することで風邪やインフルエンザの菌も活発になります。

・加湿器を使用する

・濡れタオルをつるす

といったように対策してください。

また、外で連れ出す時にも注意が必要です。

母子手帳でも紹介されているように、赤ちゃんとの外気浴はとても大事。

骨を作るビタミンDが生成されたり、免疫力や抵抗力を高める刺激になります。

ですが、同時にバリア機能が弱い赤ちゃんの肌は、

紫外線などの刺激にも弱いのです。

特に顔の中でも、高い位置となるほっぺは、刺激にさらされやすい場所。

外出前は、日焼け止めや保湿剤を使って刺激から守る習慣をつけましょう。

まとめ

乾燥が進むと、ホコリやダニなどによる刺激に弱くなったり、

かゆみを生じてしまったりと、

赤ちゃんにとってストレスや肌トラブルの原因になります。

早い段階からこまめに保湿対策することが、

健やかな肌への第一歩。

寝具などを清潔に保つことも、忘れないように心がけましょう。