【赤ちゃんのアトピー】ステロイドを使わないママが読む1番良い治療法とNG行動

アトピーと診断された赤ちゃんのママ、

処方されるステロイド剤に関して、不安に思う事はありませんか。

「できれば使わずに肌をきれいにしたあげたい」

そう思っているママも多いことでしょう。

ここでは、

・ステロイド剤に対する皮膚科の先生達の考え

・使わない治療を考えているママのNG行動

・アトピー治療の一番の近道は?

これらの3つの項目について説明します。

悩んでいるママに、少しでも参考になれば幸いです。

ステロイド剤に対する皮膚科の先生達の考え

実は皮膚科の先生の中でも、ステロイド剤に関する考え方は、二極化しています。

【ステロイド剤を使う事を推奨する先生の意見の一例】

・かゆみ・炎症を抑えることで、皮膚の正常化を早める

・副作用と言われている多くの情報は、誤情報である

・正しく適切な量を利用すれば、早めに完治できる

ステロイド剤は、日本皮膚科学会が出している

アトピー性皮膚炎診療ガイドラインの中でも、


「 アトピー性皮膚炎の炎症を充分に鎮静することができ、

その有効性と安全性が科学的に立証されている薬剤です。」

(引用元)日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン

https://www.dermatol.or.jp/modules/guideline/index.php?content_id=2


とされています。

他の薬剤では、炎症とかゆみを抑えるには効果が弱く、

掻かずに清潔な肌を保ち続けることが難しいアトピー。

掻くことでさらなる悪化を招かないためにも、

効果的なステロイド剤が処方されることが多いのです。

【ステロイド剤を使わないことを推奨する先生の意見の一例】

・アトピーの根本治療にはつながらない

・患者さんや家族(ママ)が不安になる事が多い

・長期使用にわたる安全性が確立されていない

一方、ステロイド剤を使わない先生からは、

ステロイド剤の適切な量=その基準・判断が難しい

ということが、指摘されています。

たとえば、どのくらいの量が適切なのか、ママ達には、パッとわかりづらいですよね。

また、ステロイドはあくまで炎症を抑えるもの。

アトピーの治療薬と言えない限り、

副作用のリスクがあるステロイドを、使用しない方針を取る先生もいます。

なお、ママの一番の不安要素であるステロイド剤の副作用について。

確かに、だらだらと何年も継続使用すると

・皮膚が薄くなる、血管が浮き出る

・内臓障害

となることがあるといわれています。

ですが、これについても、推奨する先生方からすると、

・外用剤(塗り薬)では起こりにくい

・ほとんどが誤った長期利用によるもの

としています。

一方、使用しない先生からは

・服用を中断すると、症状が悪化する

・ステロイドを使っても良くならない事例もある

といった指摘もあります。

ステロイドについては、各医師の患者や経験によっても、

意見が、まさに真っ二つに分かれるところなのです。

スポンサーリンク

ステロイドを使わない治療を考えているママのNG行動

ステロイドを使わない治療に取り組む場合は、

信頼できる皮膚科を見つけることが重要です。

しかし、ステロイドを使用しないお医者さんは、実は少ないのが現実。

その分、ステロイドを使いたくない患者が集まるため、

診察経験は豊富な事が多いです。

一方で、インターネットで見かけるアトピー情報では、

ステロイドを使わない治療法が、多数あります。

裏を返せば、使わない治療が一般的でなく、情報が不足している事の表れです。

ですが、これを読んでいるママ達に理解していただきたいのは、

他のママの体験談が、あなたの赤ちゃんにあてはまるわけでない、ということ。

ステロイドを使わない場合でも、

・きちんと知識のある専門医の指示を仰ぐこと

・ネットの体験談をうのみにしないこと

をぜひ心に留めてください。

根拠のない情報に振り回されることが、ママにも赤ちゃんにも良くないことなのです。

アトピー治療の一番の近道は?

それは、信頼できる皮膚科にかかることです。

例えば、

1.赤ちゃんやアトピーの診察経験が豊富

2.治療のメリット・デメリットの提示が明確

3.処方される薬の使用方法・使用期間を丁寧に説明してくれる

このような医師なら、ステロイドを使用するしないに関わらず、

ママが信頼できる先生といろいろ相談しながら、

一緒に治療に取り組むことが出来ると思います。

万が一、先生が出した方針に不安がある場合でも、

すぐに病院を変えることは、あまりお勧めしません。

方針や薬がころころと変わり、一番負担になるのは、赤ちゃんの肌。

特にステロイドは、途中で勝手にやめると、アトピーが悪化する可能性が高い薬でもあります。

もし、かかっている皮膚科に不安がある場合は、

セカンドオピニオンを利用するか、別の皮膚科で、

状況や処方された薬、使用期間を正しく説明できることが重要です。

ステロイドを減らしていきたいのなら

ステロイドを使いたくない、少しずつ減らしていきたいママは、

とにかく、赤ちゃんの肌をしっかり保湿して、肌にバリアをつくり、

外部からの刺激を受けにくくしていきましょう。

アトピーの赤ちゃんは元々皮脂が少なく、かなり乾燥していることが多いです。

つまり外部からの刺激をモロに受けてしまって、症状が出やすい状態です。

そんなときは、

アトピーなど皮膚疾患を抱えた赤ちゃんをしっかり保湿できるこちらがおすすめ。

赤くガサガサだった赤ちゃんも、綺麗なツルツル肌を取り戻しています。

まとめ

私たちママは、医者でない限り適切な診断や処方はできません。

不確かな体験談や情報に振り回されず、お医者様の指示を、まずはしっかり守る事。

そのためにママができることは、信頼できるお医者様を見つける事、

また信頼関係を築くことではないでしょうか。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする