【産後】髪の毛が抜けるのはいつまで続く?今日からできる!抜けるのを防ぐ3つの対策

産後の抜け毛に悩まされるママはとても多いもの。私もそうでした(T▽T)

ここでは、そんなマのが気持ちが楽になるよう、

・産後の抜け毛はいつまで続く?先輩ママ達の抜け毛事情

・女性ホルモンによる産前産後の髪の毛への2大影響

・産後の抜け毛のために、ママでできる2つの対策

をご紹介します。

少しでも力になれば幸いです。

実は半数近くのママは、髪の毛が元に戻っていないという事実も。

早く対策をすることで、髪の毛の状態はぐんと変わってきますよ。

産後の抜け毛はいつまで続く?先輩ママ達の抜け毛事情

今まさに悩んでいるママにとって、いつまでこの抜け毛が続くのか、心配なところ。

先輩ママは、いつまで抜け毛が続いたのか、体験談を調べてみました。

・産後すぐに抜けはじめ、半年後には気にならなくなった

・10ヶ月くらいまでごっそり抜けていた

・産後2ヶ月頃から徐々に抜けはじめ、産後6ケ月頃がピークだった。

・1年たってようやく抜け毛が減った

という風に、抜け毛の期間や様子は様々。

産後3ケ月~9ヶ月頃まで抜け、1年を過ぎたあたりで、抜け毛が治まったと感じたママが多いようです。

時々、女の子出産の時や2人目出産時の方が抜け毛がひどいという事を耳にしますが、医学的な根拠はありません。

ちなみに、筆者の経験では

・2人目の産後の方が、老化と栄養不足だった自覚がある

・抜け毛や切れ毛の他、肌荒れもひどかった

ということはありました。

筆者は、1人目が男の子、2人目に女の子を出産しています。

性別の関係性は不明ですが、2人目の出産後は、育児の忙しさと産後時期への体調の慣れから、自分の栄養面やケアは、後回しになっていた自覚があります。

そのせいか、2人目出産後は、驚くほどの抜け毛や切れ毛が発生し、元に戻るまでに1年かかりました。

スポンサーリンク

女性ホルモンによる産前産後の髪の毛へ2大影響

この産後の抜け毛の大きな原因は、女性ホルモンの変化によるもの。

ママの髪の毛にも、下記のように大きな影響を与えています。

1.妊娠中は抜けにくく、産後に一気に抜ける

2.髪の毛のライフサイクル(寿命)が、産後は短くなる

1.妊娠中は抜けにくく、産後に一気に抜ける

妊娠中には、髪の毛の艶やコシを強くするエストロゲンと、髪の寿命を長くするプロゲステロンという女性ホルモンが活発に分泌されています。

これらの働きにより、髪の毛は長く太く、通常よりも抜けにくくなります。

しかし、産後はこれらのホルモンが急激に減っていきます。

代わりに母乳を作り出すためのプロラクチンというホルモンの分泌が多くなります。

プロラクチンは、女性ホルモンの分泌を抑制してしまい、抜け毛が多くなってしまいます。

しかし、母乳育児をやめたからといって、すぐにホルモンバランスが元に戻るというものでもありません。

2.髪の毛のライフサイクル(寿命)が、産後は短くなる

髪の毛には、成長期、退行期、休止期というライフサイクル(寿命)があります。

【成長期】1日で0.3~0.5mm、1か月で約1.2cmほど伸びます。

【退行期】髪の毛は一定の長さになると成長が止まります。

【休止期】成長が止まった髪の毛は、3~4ケ月をかけて、新しい髪の毛に押し出され、脱毛(抜け毛)していきます。

産後に女性ホルモンが減少することで、髪の毛のライフサイクルそのものが短くなってしまいます。

髪の毛の成長よりも、抜け毛が発生するスピードの方が速く、結果、抜け毛が多くなってしまうのです。

産後の抜け毛のためにママでできる3つの対策

産後のままの抜け毛に良い3つの対策をご紹介します。

1.抜け毛に良い栄養を取る

2.頭皮のマッサージ

3.産後・授乳中でも使える育毛剤を試してみる

1.抜け毛に良い栄養を取る

タンパク質、亜鉛、ミネラル、ビタミン群、これら4つの栄養は、髪によいとされています。

特にタンパク質は、動物性に偏らず、植物性のものもバランスよく摂取する事です。

イソフラボンが含まれる大豆製品は、女性ホルモンと同じ働きをしてくれます。

手軽にとれる食材でもありますので、意識してしっかりとっていきましょう。

2.頭皮のマッサージ

抜け毛がひどいと、髪に触るのも嫌になりますよね。

でも、抜け毛は新しく美しい髪を育てるチャンスでもあります。

老化による頭皮のコリや毛穴のたるみ対策も、ヘアケアの大事なポイント。

抜け毛を恐れず、頭皮に適度な刺激を与えることも必要なのです。

指の腹でマッサージするように丁寧なシャンプーを心がけると、リラックスにもつながります。

3.産後・授乳中でも使える育毛剤を試してみる

元々の毛量が少ないママや髪のコシやハリの低下が気になる場合は、これを機に育毛剤を使用してみることもよいでしょう。

しかし、安易にパパの育毛剤を拝借するのはNG。

男性用は、授乳中に使用禁止のものもあります。

授乳中でも使用できる女性用のものを使用しましょう。

まとめ

産後の抜け毛がいつまで続くのか、また抜け毛の量や期間は、ママそれぞれにもよります。

産後の抜け毛は女性ホルモンの乱れが大きな原因です。

ホルモンバランスは、大体、半年~1年ほどの時間をかけて元に戻っていくもの。

ホルモンバランスが整っていくと同時に、抜け毛も減っていきます。

あまり気にしすぎず、ママ自身の体調を整えながら、楽しくヘアケアをしていきましょう。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする