【エルゴ】抱っこ紐のインサートは本当に必要?代用を考えるならこの方法!

エルゴで新生児抱っこする時に、

首を保護するために使うのがインサートですが、

・インサートって本当に必要?

・ほかのもので代用できない?

と考えたことはありませんか。

赤ちゃんには何かと入用なので、

何かで代用できれば節約にもなりますよね。

このように考えているママは、

是非この先を読みすすめていただけたらと思います。

インサートって本当に必要なのか?

首が座るまでは普通、横抱きしかできませんが、

インサートを入れると首を支えてくれるので、

縦抱っこを可能になります。

縦抱きの方がママの移動も楽です。

ただ、首が座るまでの期間、

およそ4か月頃までと短い期間しか使わないので、

購入するべきか、

それとも他の手段で乗り切るか、

悩むママが多いんですね。

この先で、

インサートの購入を迷った

ママ達が取った3つのパターンと

それぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

インサートの購入を迷ったら参考にする3つのパターン

インサートを使っても使わなくても、

それぞれメリットとデメリットがあります。

以下の3つを読んでみてください。

・インサートを購入したパターン

・新生児の時だけ別の抱っこひもを使用するパターン

・タオルなどで代用するパターン

インサートを購入したパターン

エルゴで抱っこをする時に、

首が座っていない新生児は

インサートによって首が保護されます。

逆を言うとインサートなしでは

エルゴを新生児に使うことはできないということになります。

インサートは公式のオンラインショップを見てみると

大体3,000~5,000円くらいの価格で

販売されています。

インサートを購入するママは、

「使う期間は短いけれど高額という訳ではない」

そんな理由で決めています。

インサートを使うことで赤ちゃんの首周りを

保護する形になりますから、抱っこの時に、

赤ちゃんの首がガクガクすることもありません。

そして中に入っている

ボトムサポートクッションというのがとても便利です。

新生児はとても小さいので、

エルゴにそのまま入れてしまうと埋もれてしまいますが、

このクッションを赤ちゃんのお尻の下に敷くことで

位置を安定させることが出来ます。

エルゴ専用に作られているだけに、

インサートは新生児のために必要な機能が備わっているんです。

でもこのインサートにも弱点があります。

厚めに出来ているので、夏場はとても暑く蒸れます。

自宅で洗うことも出来ますが、

やはり厚手なこともあり乾くのに時間がかかります。

また装着がしにくいと言った感想を持つママも多いです。

インサートを嫌がる赤ちゃんもいるので、

購入してみて使えなかったというケースも実際にあります。

中古でも構わないという場合は

リサイクルショップなどで

購入しても良いかも知れません。

新生児の時だけ別の抱っこひもを使用するパターン

エルゴを新生児の頃から使うためには

インサートが必要だとお話しましたが、

新生児の頃から使うことが出来る

抱っこひもというのもあります。

特にベビービョルンの抱っこひもは

新生児のママに人気が高いです。

その中でもベビーキャリアオリジナルは

7,000円前後と価格も手ごろですし、

何より装着がしやすいと評判。

また月齢が小さくても体が大きめな赤ちゃんは

エルゴのインサートが入らなくなる場合もあるのですが、

ベビービョルンなら赤ちゃんも快適です。

肩ひも部分が本体から外れるので、

コートを着たまま赤ちゃんを抱きおろしできるというのも

忙しいママには嬉しいですよね。

いいことづくめと思われるベビービョルンですが、

肩だけで支えるタイプなので

赤ちゃんの体重増えてくると

肩にかかる重さが非常に辛くなります。

ですので、ベビービョルン1本だけで

ずっと過ごすというのは難しいです。

使い勝手は非常に良いので

ベビービョルンからエルゴに

移行するというのも1つの手です。

タオルなどで代用するパターン

インサートを買うことになかなか踏み切れないというママは、

タオルなどを使って代用する人もいるようです。

首が座っていない新生児がエルゴを使う場合、

インサートを使用するとされているので、

タオルの使用は自己責任となります。

「インサート 代用」などとインターネットで調べると

関連した動画やサイトが見つかります。

このような感じですね。


筆者の場合、子が新生児の頃は、

夏場の暑い時期でした。

そのため、首が少し安定してきた時点で

インサートの使用をやめ、お尻の下のみ

クッションまたは丸めたバスタオルを使っていました。

バスタオルだと家に何枚もあるものなので

汚れたらすぐに洗えるのも良かったですね。

ただタオルを丸めたものだと

クッションに比べて硬い感じがしました。

赤ちゃんの居心地はどうだったのかなと

少し考えてしまいます。

まとめ

赤ちゃんが大事なのはどのママも同じです。

そして赤ちゃんが快適に安心して過ごせるよう、

いつも考えると思います。

でもそれぞれの考え方だったり、

経済状況などが異なるのも確かです。

・何においても安全面を重視というならインサートの利用がオススメ

・余計な出費を抑えたいというなら代用品を使う

などママも考え方で良いと思います。

自分に合った方法を取り入れて、

赤ちゃんとのお出かけをエンジョイしてくださいね。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする