【授乳中】 赤ちゃんが暴れる泣く5つの原因とよく効く対処法を紹介!

授乳中の赤ちゃんのこのような行動に困っていませんか?

・授乳中に背中を反らせる

・手足をバタバタさせる

・暴れるのでおっぱいが口から離れてしまう

・授乳中に赤ちゃんの身体を押さえるので疲れる

このように、赤ちゃんが授乳中に暴れてしまい困っているというママは、ぜひこの先を読みすすめてみてください。

赤ちゃんはまだ喋ることは出来ませんが自分の欲求がありますし、行動にも意味があるんです。

ここでは赤ちゃんが授乳中に暴れるのには、どういう理由があるのかについて書いていきます。

お困りのママは、参考にしていただけたらと思います。

きっとママにとっても、赤ちゃんにとっても授乳タイムが穏やかで楽しい時間になりますよ^^

赤ちゃんが授乳中に暴れる時に考えられる理由5つ

もしかすると、授乳中に暴れるのは、赤ちゃんなりの「何か」を訴える、意思表示なのかもしれません。

赤ちゃんがお安比を飲んでいて、泣いて暴れる理由は主に以下の5つがあります。

・母乳がおいしくない

・便秘でウンチが出ていない

・母乳が出ていない、または出過ぎている

・ただただ眠い

・なにか不快なことがある

母乳がおいしくない

母乳はママの食べたものの影響を受け、味も食べたものによって違いが出てきます。

例えば甘い物ばかりママが食べていると母乳もくどくどとした甘さになってしまいます。

またカレーなどは母乳自体の味やにおいにも影響が出てしまうんです。

またカフェインも1日に2杯程度なら良いですが、沢山摂取してしまうと、

・赤ちゃんが怒りっぽくなる

・眠れなくなる

などの影響が出ることがあります。

私もコーヒーが大好きで授乳中も飲んでいましたが、そういえば子供は全然寝なかったです・・・

コーヒー好きのママは見直してみてください。

もし、授乳を開始してすぐに乳首をギーッと噛んでいたり、バタバタと暴れ始めたら、「いつもの美味しいおっぱいと違う!」なんて思っていて、暴れるのかも知れません。

便秘でウンチが出ない

便秘が原因で暴れることもあります。

うんちが出ていないとお腹が張って苦しいですし、ガスが溜まっていても不快になります。

これは大人でも気分が良くないですよね。

機嫌が悪くなるというだけではなく、お腹が膨れていると、

・おっぱいを飲む量が減ってしまう

・苦しくて飲みたいけど飲めない

・夜泣きする

などの原因にもなります。

こんな時は、お腹をマッサージしたり、お腹をひねる体操をしてガスを出してあげたり、便秘解消法を試してみましょう。

母乳が出ていない、または出過ぎている

母乳そのものが原因になることもあります。

例えば、

・お腹が空いているのに母乳があまり出ていない

・逆に赤ちゃんがおっぱいを飲むペースよりもたくさん母乳が出過ぎてき苦しい

こんなことが原因になって、暴れてしまうことがあります。

母乳の出が少ないのは、まだおっぱいをあげ始めたばかりのママなら仕方のないことです。

・おっぱいマッサージをしてみる

・おっぱいを頻繁に赤ちゃんに吸ってもらう

こんなんことで母乳の出を良くしていきましょう。

私も母乳があまりでなくて、赤ちゃんはいつも物足りなそうで機嫌が悪かったですが、

このお茶を飲んでみたら母乳の量が増え、満足してくれるようになりました。

逆に出すぎている場合は、少し搾乳してから授乳すると良いです。

母乳の量の問題であれば、赤ちゃん自身がうまく飲めるようになってくると同時に、暴れたり泣いたりせず落ち着いてくるでしょう。

母乳が出すぎて困る時は、以下も参考にしてみてください。

関連記事:授乳後に吐くのにまた飲みたがる赤ちゃんへママが取り入れたい4つの対策

ただただ眠い

おっぱいを飲みたいけど眠い、眠いけどおっぱいも諦められない・・・

なんて思いが赤ちゃんにもあることも多いです。

おっぱいを飲んでいる途中でウトウトしてきたときに暴れだすという場合には、赤ちゃんが眠気と戦っているのかも知れません。

このような場合には、一度おっぱいから離して落ち着かせるか、背中を優しくトントンと叩いて自然に眠らせてあげると良いですね。

なにか不快なことがある

何か不快なことがあり、そちらが気になって授乳に集中できないのかも知れません。

気が散ってしまってうまくおっぱいを飲むことが出来ず、もどかしい気持ちなのでしょう。

・おむつが気持ち悪い

・暑い寒い

・汗をかいている

などが主な原因です。

このような時は、赤ちゃんが授乳に集中出来るよう、赤ちゃんの様子をチェックしてから授乳を始めてみてくださ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんが授乳の時に暴れるのには、必ず理由がありこのようなメッセージをママに伝えているからかも知れません。

赤ちゃんにとって成長のためでもあり、安心できる時間が授乳タイムです。

不安要素を取り除いてあげることで、赤ちゃんにとってもママにとってもハッピーな時間になりますように。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする