赤ちゃんと室内犬の同居を快適にする絶対に怠ってはいけない5つのポイント

犬を飼っているお家に赤ちゃんが生まれた場合

・どんなことに気をつければいいの?

・赤ちゃんを寝かせる場所は?

・犬と赤ちゃんの生活空間を隔てるべき?

・犬が赤ちゃんを舐めたり噛んだりしないかな?

このようなことを気にしていませんか?

ここでは、大切な家族である犬と赤ちゃんが

快適に一緒に暮らすには

どういうことに気をつければ良いのか?

を書いていきます。

愛犬と赤ちゃんの同居に不安なママは、

是非この先を読み進めてみてください。

犬は可愛いだけではなく、

しっかりとしたお世話が必要ですし、

抜け毛などの心配もあります。

そこに更に新生児がやってきて、

赤ちゃんの事まで考えなくてはいけないのは、

ママには大変なことですね。

でもだからと言って、

赤ちゃんが産まれるんだから犬を飼い続けるのは無理!

なんてことはありません。

このページを読んで、

愛犬と赤ちゃんの生活にある程度の心構えをしておくことで、

新しい暮らしが穏やかに始められますよ。

赤ちゃんが犬と暮らす時に気をつけたいこと5つ

・犬の毛と喘息について

・犬アレルギーについて

・感染症の危険を回避するために

・怪我を予防するために気をつけること

・犬のキモチも考えてみよう

犬の毛と喘息について

犬の毛が抜けてしまうのは仕方のないことですが、

アレルギー体質の赤ちゃんだと、

犬の毛やダニ、ホコリが

喘息を引き起こす原因になる場合も。

毎日の掃除は、

・掃除機をこまめにかける

・コロコロなどの粘着テープを使用する

・犬のブラッシングをこまめにする

などの配慮が必要です。

また赤ちゃんが口にいれやすい、

ぬいぐるみやおもちゃなどもチェックし、

こまめに洗濯をしたりふき取り掃除をしてあげると良いですね。

犬アレルギーについて

アレルギーは体内に入った異物が反応することで起こります。

犬アレルギーの場合は犬の毛やフケ、

尿、唾液がきっかけになります。

アレルギーの症状としては、

・くしゃみや鼻水

・皮膚のかゆみや発疹

などが現れることが多いです。

上記と同様に、犬と共存するということは、

今まで以上に掃除に気を配る必要がある

ということを念頭に置いておきましょう。

ちなみに筆者の親戚の家では、

赤ちゃんが生まれる前から犬がいて、

生まれた子供は動物アレルギーがありました。

幸い軽度なので、普通に一緒に暮らしています。

・犬にぺろぺろ赤ちゃんを舐めさせない

・掃除はしっかり行う

これらには気をつけていました。

アレルギーがあるからといって、

絶対に一緒に暮らせない、

とは言えない例をあげてみました。

感染症の危険を回避するために

人間と犬(家畜やペット)の間で感染する

人獣共通感染症というものがあります。

つまり、犬から人間に感染症をうつる可能性があります。

例えば「パスツレラ症」という感染症は

なんと75%もの犬が常在菌として保有しています。

感染の主な原因となるのは、

犬に噛まれた場合ですが、

犬の唾液が体内に入った場合にも

感染するケースがあります。

赤ちゃんは甘くておいしそうなミルクの匂いがするので、

犬がペロペロと舐めないようにしつけたり、

赤ちゃんと犬だけにならないよう、見守りをしましょう。

怪我を予防するために気をつけること

犬が悪気がなくてもじゃれついて

赤ちゃんを転ばせてしまったり、

遊びの延長で犬が吠えたり甘噛みすることがあります。

遊びの延長といえども

噛むという行為は

犬に対してのしつけが必要になります。

赤ちゃんにじゃれついてしまうという場合には、

赤ちゃんを寝かせるスペースを

犬の手が届かない所にするなど、

環境の整備に気を配りましょう。

犬のキモチも考えてみよう

今までわが子のように可愛がってくれていたパパとママが、

赤ちゃんが来てからというもの

赤ちゃんのお世話に付きっきりになり、

犬がヤキモチを妬くなんてことも大いにあります。

また赤ちゃんが来てから、

スペースを区切られてしまうなど

今までと環境が変わり、犬も戸惑うのです。

犬の心のケアをしつつ、

赤ちゃんを受け入れてくれるようにしていきたいですね。

母親には、我が子を守ろうとする本能があり、

出産後はその気持ちが一時的に強くなります。

筆者は、実家に里帰り出産の準備で帰省したとき、

父が子猫をもらってきました。

(男親でも巣作り本能が刺激されたみたいです)

元々動物が大好きなので、

妊娠中はずっと子猫と遊んで過ごしていましたが、

赤ちゃんが生まれてから、

急に子猫の抜け毛や赤ちゃんに対する反応が、

気になり、子猫をあまり触れなくなりました。

もしもあなたが出産後に

愛犬を少し疎ましいと思っても、

それはある意味普通のことです。

あなたの本当の心ではなく、

本能がそうさせているだけなので、

もしそうなっても落ち込まなくて大丈夫ですよ。

すぐにまた愛犬のことも愛せます。

スポンサーリンク

まとめ

ペットを飼っている人の中で

犬を飼っている人は40%以上というデータが出ています。

犬を飼っている人はとても多いんですね。

感情表現が豊かで愛らしい犬は、

一緒のいるだけで幸せをくれる、

大切な存在です。

犬と赤ちゃんが一緒に暮らすことは、

大変なことも多いけれど、

悪いことばかりではありません。

赤ちゃんは生まれた時から一緒にいる犬を

大切に思う気持ちが芽生え、

情緒を育むという意味でも良い影響もあります。

ママに取って衛生面やお世話など、

気になることがあっても、

犬と赤ちゃんのいる暮らしは

貴重で幸せな時間になるでしょう。

    

お子様のための貯蓄や学資保険もう始めましたか?

子供ができると、今までよりお金のことがとても気になりますよね。

今はまだ小さいけれど、この先どれくらいかかるのか?

どれくらい用意しておけばいいのか?

私もとても不安でした。

そんな時、先輩ママ友に「子供が小さいうちにしっかり貯めておかないと、これからどんどんお金がかかるようになって大変だよ」と言われたんです。

幼稚園に行く頃になると、習い事が増えたり、小学生になると塾へ通うようになったり・・・

まだ自分の子供が赤ちゃんだったので、想像はできなかったのですが漠然とした不安がわきあがってきました。

そこで、学資保険をいろいろ調べてみることにしたんですね。

せめて学費くらい貯めておけたらいいなと思って。

ところが、資料をいくつか取り寄せても私に理解能力がないのか「で、結局どこがいいの?」と全然わからなくて。

ママ友に聞いても、パパの年収や兄弟の数も違うので、参考にならなかったんです。

学資保険を選ぶのって、思っていたよりずっと大変

 

そんな時、保険見直しラボと言うところを見つけました。

よくある保険の相談ができるところなのですが、自宅にファイナンシャルプランナーが来てくれるんですね。

うちの子はぐずると手がつけられないほど泣くこともあるし、近くに保険が相談できるところもなかったので、家に来てくれるところがとても助かりました。

また、相談に乗ってくれるのは、保険屋さんではなくファイナンシャルプランナーと言う点もメリットでした。

保険屋さんだと、どうしてもその会社の商品を勧められますが、ファイナンシャルプランナーだと、たくさんある保険会社から、最適なものを選ぶことができます。

また驚いたのは、その説明のわかりやすさ!

 

理解能力のない私でもすごくわかりやすかったし、なんと我が家はパパの保険も一緒に見直すことで、9000円弱も保険料が安くなったんです(*゚▽゚*)

その浮いたお金を学資保険に回したことは言うまでもありません。

おかげで、予定してたより負担も増えずに、子供のための準備ができるようになりました。

もし、まだ学資保険に入っていなかったり、将来へ向けて貯蓄できるか心配がある場合は、保険見直しラボに相談してみるといいですよ!

(知らない人が家に来るのが苦手なら向きませんが)

今の家計の状態もよく分かりますし、お金がどれくらい用意できればいいのか、そのためにはどの保険がいいのかなど、とてもよくわかります。

うちは二人目もすぐに考えているので、そのためのシュミレーションもしてもらいました。

保険って誰に相談すればいいのかよくわからかったですが、案外気軽に相談できて、我が家に一番お得な方法も教えてもらえて、特した気分です。

何より、将来の不安が減ったのがとても良かったですよ♪

もちろん、相談は無料です^^

 

⇒ 保険見直しラボで将来の安心を相談してみる

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする