数日会ってないだけで、

赤ちゃんがパパを忘れてしまうことってありませんか?

・赤ちゃんの記憶力って、どの位なんだろう?

・パパを忘れてしまうことってあるの?

・忘れられると悲しむパパ。どうしたらいい?

仕事が忙しいながらも、

赤ちゃんとの時間を作ってお世話をしてくれるパパ。

けれど出張に行ってしまったり、

時間が合わずにあまり会えなかったり、

夜泣きの関係で一緒に寝ることができなかったり。

数日会えなくても、パパは赤ちゃんを忘れません。

でも、赤ちゃんは・・・?

そんな疑問にお答えします。

赤ちゃんに忘れられしまうと、

パパはとても悲しい思いをしてしまいます。

ぜひパパを忘れてしまうメカニズムを

教えてあげてくださいね。

赤ちゃんがパパを忘れてしまうメカニズム

赤ちゃんの成長の中には、

以下のような特徴があります。

赤ちゃんの記憶力

人は赤ちゃんだった頃の事を覚えられず、

思い出せるのは3歳以降の事だったりします。

これを「幼児期健忘」といいます。

しかし乳児期だからといって、

全ての出来事の記憶がないわけではありません。

これまでの研究では、

生後3か月で1週間、

4か月で2週間ほどの記憶が

保持されているという検証結果も出ています。

「いつ」「どこで」「何をしたか」という記憶については、

3歳までの記憶力では覚えられず、

4歳位からとなります。

覚えられない原因として考えられるのは

・記憶をうまく覚えられない

・記憶をうまく思い出せない

と、二つほどあがります。

基本的に赤ちゃんは記憶力が未熟であり、

覚えていたことを早めに忘れてしまいます。

だからほんの数日でもパパを忘れてしまうことがあるのです。

赤ちゃんの認識度

ママの認識

赤ちゃんの五感の中で、最も早く発達するのが聴覚です。

28~30週位の胎児の頃から、

お腹の外や人の声が聞こえるようになり、

高音や低音の違いまでわかるようになります。

ただ、胎児が聞こえる外の音は聞き取りにくく、

ママの声だけは体内に響いてくるため、

クリアに聞こえています。

そのため赤ちゃんは生まれてすぐでも、

ママを声で認識する事が出来ます。

赤ちゃんは母乳の匂いでも、

ママを区別することが出来ます。

生後間もない赤ちゃんは、

目や鼻のパーツではなく、

輪郭や髪型等の特徴でママの顔を見分けているので、

髪型を変えたり顔周りを何かで覆ってしまうと、

見分けがつかなくなります。

生後3~4か月になると、

目や鼻等のパーツでママを認識する事が出来るようになります。

パパの認識

赤ちゃんのママを認識する力は、

かなり早くから身についています。

人見知りが始まる頃から「ママ」と「その他の人」の認識が出来ています。

パパがママと同じくらい育児に関わっている場合は、

パパのこともママと同じくらいの立ち位置で、

認識していることもあります。

ただ、世の中のパパは赤ちゃんとべったり一緒にいて、

お世話をするというのはまれです。

ですから未熟な赤ちゃんの記憶力では、

どうしてもその他の人になりやすいんですね。

筆者の経験談ですが、

生後3か月の時、両親に子供預け、

主人と2泊3日の新婚旅行に行きました。

初めは「久しぶりに二人でゆっくりできる」と

楽しみにしていましたが、

子供のことが気になって3日目は早めに帰りました。

私の顔を見て喜んでくれると思いきや、

「この人誰~?」と泣き出してしまったのです。

たった3日離れているだけで、

ママのことさえも忘れることもあります。

(幸い1時間くらいで思い出してくれました)

だから、普段一緒にいられないパパが、

赤ちゃんに忘れられてしまっても、

ある意味しょうがないことです。

まとめ

普段赤ちゃんと一緒にいる時間が短いパパは、

仕事が終わると、赤ちゃんに会えるのを

楽しみに帰ってくることも多いでしょう。

そんな時、「???」という顔をされて、

赤ちゃんに泣きだされてしまったら、

とても悲しいですよね。

でも、赤ちゃんの記憶力が成長すれば、

何日離れていてもパパを忘れることはなくなります。

休日に買い物や散歩に一緒に出かけたり、

スキンシップを心掛けているうちに、

パパの記憶も定着しますので、

焦らず赤ちゃんの育児を楽しんでいただければと思います。