【生後3ヶ月】 頭の形がいびつな赤ちゃんに試して欲しい5つの改善作

3ヶ月の赤ちゃんの頭の形がいびつになっていまった。

これって今からでも治るの?と

不安を感じていませんか?

・どうやったら、いびつな形がなおるの?
・いびつな頭を治すには、時期があるの?

まだ座ることも寝返りもできない、ねんね期の赤ちゃん。

ふと気づいたら、頭の形がいびつになっていたら、

驚きますし、どうしようって悩みますよね。

そんな赤ちゃんの頭の形について心配している、

ママへ向けて解決策を書いていきます。

まだ3ヶ月なら治る可能性は十分にあります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

生後3ヶ月の赤ちゃんのいびつな頭の形を治すには?

赤ちゃんの頭のいびつな形について、

原因や改善法を書いていきます。

・赤ちゃんの頭がいびつになる原因

・いびつな形をなおす方法

・いびつをなおせる時期

赤ちゃんの頭がいびつになる原因

実は赤ちゃんの頭は少し長かったり、

凹みがあったり、

少しいびつだったり、

絶壁だったり。。。

とみんな様々な形をしています。

「生まれた時は綺麗だったのに」と

ショックを受けてしまうママもいるかもしれませんが、

赤ちゃんの頭はとても柔らかいので、

同じ姿勢で寝続けるだけでも、

すぐに頭の形が変わってしまうのです。

赤ちゃんの頭がいびつになることを

「頭蓋変形」といい、

病気が原因で起こるものと

病気に関係なく起こるものの、2種類があります。

そのうち、病気で関係なく起こるものを

「位置的頭蓋変形症」といいます。

位置的頭蓋変形症には、

生まれつきのものと生まれた後に起きるものとありますが、

どちらも赤ちゃんの柔らかい頭蓋骨が固まりきらない時期に、

外からの圧力で変形してしまうのが原因です。

生まれたばかりの赤ちゃんは一日のほとんどを寝て過ごし、

寝返りを打つこともできません。

そのため、寝かせてもらった状態のまま長時間過ごすことになり、

頭の重さで布団に触れている部分が圧迫されて、

変形してしまうのです。

いつも同じ向きで抱っこしていたり、

母乳やミルクをあげるときに同じ方向ばかりでも、

赤ちゃんの頭はいびつになることがあります。

スポンサーリンク

いびつな頭によく効く5つの治し方

以下の5つが、赤ちゃんのいびつな頭の形を整える、

とても簡単で有効な方法です。

今日からすぐできるものばかりですから、

ぜひ試してみてください。

・ベビーピローを使う

・タオルケットやクッションを使うおう

・音の出るものやおもちゃを利用してみる

・授乳時の向きに気をつける

・赤ちゃんの寝る位置を変えてみる

ベビーピローを使う

ベビーピロウは、平らな枕や

真ん中が凹んだドーナツ型のものがあります。

赤ちゃんのいびつな頭の形を整えるなら、

ドーナツ型を選ぶのがオススメです。

また、ベビーピロウは一般的に首がすわる、

3ヶ月ころに使い始めるのが正解です。

まだ使ったことがないというママは、

ぜひ手に入れて試してみてくださいね。

枕が固すぎたり中央の穴が深すぎたりした場合、

頭の形がさらにいびつになる可能性があります。

万全を期するためには、赤ちゃんの頭の形に

合ったものを選んでください。

それにはやはり、ネット注文ではなく、

直接店舗で赤ちゃんに合わせて選んだほうがいいです。

タオルケットやクッションを使う

タオルケットやクッションを赤ちゃんとベッドの間に挟み、

体の向きを変えてあげましょう。

頭のへこみやでっぱりの気になる部分が下になるようにして、

タオルケットやクッションを挟んで体の向きを調整します。

音の出るものやおもちゃを利用してみる

赤ちゃんは周囲の音の聞き分けができ、

2か月位になると目も大分見えるようになってきます。

赤ちゃんの向いて欲しい方向におもちゃを置いたり、

音楽を流してみたりしてください。

また、ママが向いて欲しい方から、

いつも声をかけるのも良いですよ。

授乳時の向きに気をつける

授乳の時、利き手で哺乳瓶を持ったり、

同じ向きで授乳をしたりと、

ついついやりやすい方。。。

同じ向きでしてしまいがちですよね。

あえて同じ向きにならないよう気を付ける事で、

頭にかかる圧力を一定にせずにすむようになります。

赤ちゃんの寝る位置を変えてみる

赤ちゃんが同じ姿勢で長く寝続けることがないよう、

寝る位置を上下逆にしたり、

ベッドの向きを変えてみたりしましょう。

クーハンやベビーラックを利用する場合も同様で、

長時間同じ姿勢にならないように注意しましょう。

いびつをなおせる時期はいつまで?

赤ちゃんはおよそ3~4か月位で首がすわり、

4~5か月位で寝返りを始めて、

6~7か月位でお座りが出来るようになります。

7か月位になると頭がだんだん固くなってきます。

また、出来る事がどんどん増えていき、

身体が自由に動かせるのが嬉しくて、

どんどん動き回っていきます。

「頭の形をなおしたいから、この向きで寝ていてほしい」

と頼んでも、まったくもって通じません。

赤ちゃんの成長を考えると、

親の努力でいびつをなおすことが出来るのは、

生後6か月位までが目安になります。

赤ちゃんの頭の形は、なおりますし、

頭がいびつになるのは、珍しいことではありません。

低月齢の頃であれば、

きちんと対応さえしていれば少しずつなおっていきます。

赤ちゃんが将来大きくなった時に

頭の形を気にしなくてすむよう

「もしかしていびつかも?」と思ったら、

同じ姿勢にならないように、

赤ちゃんの生活環境を整えてみてください。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする