【誤飲事故】輪ゴムを飲んだ赤ちゃんへの3つのチェック項目と正しい対処法

このページにたどり着いたママは、

・今まさに赤ちゃんが輪ゴムを飲んだ

・輪ゴムを飲んだかもしれない

・今後、誤飲事故が起こったときのために

こんな状況かもしれません。

ここでは、

・赤ちゃんが輪ゴムを飲んだ時に確認したい3つの事項

・輪ゴムを飲んだ赤ちゃんへの唯一の対処法

・様子見でも大丈夫な場合の誤飲のケース

・誤飲したかもしれない!?とママが不安な時にとるべき行動

についてまとめました。

焦っているママも

今後のためにと考えているママにも

ぜひ読んでいただきたい内容です。

赤ちゃんが輪ゴムを飲んだ時に確認したい3つの事項

まずは下記の事を冷静に確認してください。

1.飲み込んだものは、間違いなく輪ゴムか

2.完全に飲んだ後か確認する

3.赤ちゃんの機嫌はどうか

1.飲み込んだものは、間違いなく輪ゴムか

誤飲事故は飲み込んだものによって、対応方法が異なります。

周辺でその他になくなっているものがないか、確認しましょう。

また、1つの輪ゴムなのか、

大量の輪ゴムをいくつも飲み込んでいるのかも、

把握してください。

2.完全に飲んだ後か確認する

途中で詰まっていないか、

口の中に入ったままではないか、見ましょう。

1本の輪ゴムであれば、おそらく途中で詰まる事はなく、

食道を通り、胃へと流れていきます。

しかし、大量の場合は、のどにつっかえていることもあります。

苦しいでしょうから、必ず取り除いてあげましょう。

3.赤ちゃんの機嫌はどうか

・輪ゴムをすでに飲み込んでしまっている

・機嫌が良い

・激しく泣いたり、詰まった様子はない

・呼吸の乱れや咳など苦しそうな症状はない

結論からいうと、赤ちゃんが輪ゴムを飲んだ場合でも

上記のように機嫌が良ければ、

そのまま様子をみて大丈夫です。

赤ちゃんの状況をみて、

いつもと特に変わりがなさそうであれば、

ひとまず安心してください。

スポンサーリンク

輪ゴムを飲んだ赤ちゃんへの唯一の対処法

赤ちゃんが輪ゴムを完全に飲んだ場合は、

うんちと一緒に、輪ゴムが出てくるのを待つしかありません。

ママができることは、待つこと以外、何もないのです。

輪ゴムは消化されないため、

数日経って、便と一緒にでてきます。

しかしこの数日というのが、ママを悩ませる所。

翌々日に出てくる場合もあれば、

5日たってようやく出てくることもあるため、

出てくるまでは、気が気でない日を過ごす事になります。

これは赤ちゃんの体質によって異なるため、仕方ありません。

しかし、ずっと体内に留まってしまうという事は、

輪ゴムに関しては考えにくいこと。

赤ちゃんの機嫌が悪い、様子がおかしい

など変わった様子が無ければ、辛抱強く待ちましょう。

1週間以上出ないといった時や

その他心配な事がある場合には、

病院へ問い合わせてみるとよいかもしれません。

様子見でも大丈夫な場合の誤飲のケース

(誤飲したものが、少量であれば無害なもの)

・口紅・クレヨン・ベビーローションやクリーム

・シャボン玉液・せっけん水・鋭利でないプラスチック用品など

(赤ちゃんの様子)

・すでに飲んだ後で、つっかえている様子がない

・機嫌が良い(悪くない)

・食欲がある

・便の回数などにおかしなことがない

輪ゴムの他に、飲んでも無害とされるものとして、

上記のような子供が遊ぶもの、

手に触れるものがあげられます。

日本製の子供用クレヨンやシャボン玉液、

赤ちゃんの肌につけるローションやクリームなどは、

万が一口に入れることも考慮されて、

商品化されているケースが多いからです。

少量であれば、ママが使う口紅や化粧品も同様です。

ただし、

・プラスチックのおもちゃでも、とがった部分を飲み込んだ

・化粧水や除光液など、アルコールが強い液体化粧品

などの場合は、要注意。

内臓を傷つけたり、実は有毒という事もあります。

すぐには症状が出ずに元気なままでも、

即受診する方がよいでしょう。

その他、硬貨の場合は、

食道途中でつっかえることも考えられます。

輪ゴムとは違い大きさもあるため、

2~3日の間にうんちと一緒に出てこないようであれば、

病院に相談してください。

誤飲したかもしれない!?とママが不安な時にとるべき行動

輪ゴムを飲んだと明確にわかる場合は、

対応方法や結果が明確です。

しかし一番危険なのは、

誤飲したかもしれない、

または誤飲したものが何かわからないという場合。

焦らずに、

・何を誤飲した可能性があるのか

・赤ちゃんの機嫌はどうか

を状況を把握し、

かかりつけの病院や救急センターへまず電話してみましょう。

飲み込んだものによっても、

吐かせるべきか水を飲むべきかなど対応が異なります。

自分で判断するのではなく、

専門家や医師の指示を仰ぐことが大事です。

まとめ

赤ちゃんが輪ゴムを飲んだ場合は、

焦らずにのどに詰まっていないか、

機嫌は悪くないか確認し、

特に変わった様子がなければ、

うんちと一緒に出てくるのを待ちましょう。

不安な場合は、病院や救急センターなどに電話し、

指示を仰ぐことをお勧めします。

誤飲事故が起こらぬよう

赤ちゃんの取り巻く環境に十分に注意することが大切です。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする