【誤飲】犬の餌を食べた赤ちゃんへの3つの心配事と正しい対処方法

ワンちゃんと一緒に暮らしている赤ちゃんに起こりやすい事故として、

ドッグフードの誤飲が挙げられます。

・しまい忘れた犬の餌に、赤ちゃんが手をつっこんでいた

・犬が餌を食べている時に、一緒に口に入れていた

・犬の餌食べた赤ちゃんに影響は?

・食べた時の解決策は?

など、犬を飼っているママが気になる事をまとめました。

ドッグフードは食べ物だとわかっていても、

消化器官が未成熟な赤ちゃんが食べたとなると、

心配になるママも多いと思います。

これを読んでいただければ、

安心できると思うので、参考にしてみてください。

犬の餌の安全性と赤ちゃんが食べたときの対応について

犬の餌を食べた場合でも、

赤ちゃんにとって大きな危険があるわけではありません。

ワンちゃんが日々食べる食事ですから、

毒であるわけがなく、

安全なものがほとんどです。

製品化の段階で人間が試食されている場合もあります。

もし、赤ちゃんが犬の餌を食べた場合は、

1時間~半日ほど様子をみましょう。

その間に、泣きじゃくったり、機嫌が悪い、

体調がおかしいなど、

変わった事がないか観察してください。

なお、ドライタイプの固形であれば、

喉に詰まっていないか、口の中に残っていないかを

必ず確認し、窒息の可能性を取り除いてください。

万が一様子がおかしい場合は、

犬の餌(形状)成分情報をもって、

かかりつけの病院や緊急センターに問い合わせましょう。

スポンサーリンク

犬の餌食べた赤ちゃんへの3つの心配事と対応方法

犬のえさを誤って食べてしまったあkちゃんには、

以下の3つの心配事があります。

その対処法と合わせてご紹介します。

1.食物アレルギーや消化器官異常の心配

2.犬の毛や糞尿による心配

3.赤ちゃんの口回りにカスや犬の唾液による心配

1.食物アレルギーや消化器官異常の心配

赤ちゃんはまだ消化・吸収の機能が未熟のため、

意外な食べ物でも、アレルギー反応が出る場合があります。

離乳食でも、初めて与える食材には気を使いますよね。

ましてや誤飲事故は、ママが目を離したすきに起こることがほとんど。

どのくらいの量を食べたのかは、把握しかねることもあります。

元々が、アレルギー体質の赤ちゃん以外にも、

未知の食材に体が反応して、アレルギー反応が出る場合あります。

・下痢や腹痛、嘔吐

・発疹やむくみ、かゆがる

・くしゃみや鼻水、呼吸困難などの呼吸器異常

・意識がない、全身がぐったりしている

など、上記のように、症状は様々。

しばらくは注意深く様子を観察しましょう。

2.犬の毛や糞尿による心配

免疫力の少ない赤ちゃんにとって、

犬の毛や唾液は、

アレルギーや皮膚疾患の元となってしまう可能性があります。

犬がご飯を食べる場所(餌を置く場所)は、

必然的に犬の毛や唾液が散らばりやすい箇所。

また、ワンちゃんは直に座って食べるわけですから、

肛門が床につくことも考えられます。

そうした場所を、ずりばいやはいはいで

動き回った挙句の誤飲となると、

赤ちゃんにとって、良い環境とは言い難いですよね。

普段から清潔にしておく事はもちろんですが、

お洋服や髪の毛などに付着していないか確認し、

着替えさせてあげる、拭いてあげるなど

赤ちゃん自身も清潔にしてあげましょう。

3.赤ちゃんの口回りにカスや犬の唾液による心配

半生タイプのカスが赤ちゃんの口の周りに残っていたり、

ソフトタイプのドッグフードが

べっとりと赤ちゃんの指についている・・・

といった場合、可能であれば、

一度お風呂に入れてあげましょう。

匂いが残っていると、

ワンちゃんが赤ちゃんに興奮したり、

ぺろぺろと口回りや指を舐めることも考えられます。

また、その指を赤ちゃんがしゃぶったり、

唾液が口の中に入ってしまう事は十分にあり得ることです。

ワンちゃんを飼っているママならご存知の通り、

犬には特定の病気に対して、

ワクチン接種が義務付けられています。

そのため普段は、犬の病気について大きな心配はないかもしれません。

しかし、犬が感染する病気には、

人間にうつるものもたくさんあります。

たとえば、日本でも、犬の口の中している細菌である

カプノサイトファーガ属菌が人間に感染し、

免疫力の低い重篤患者や高齢者が

死に至ったケースもあります。

犬や猫に噛まれることや引っかかれることにより感染するため、

過度な触れ合いは避け、

手洗いなどを徹底するよう、

厚生労働省が注意喚起しています。

(厚生労働省

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症に関するQ&Aより引用

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/capnocytophaga.html)

また他にも、犬から人間に移る病気として、

同じく唾液内に常在している菌によるパスツレラ症や

サルモネラ菌による中毒などもあります。

・生活スペースをわける

・おもちゃや餌は、赤ちゃんの手の届かない場所へ置く

・飲み水は菌が繁殖しやすいため、その都度下げる

といった、日ごろからの習慣も必要です。

まとめ

インターネット上では、

「赤ちゃんが犬の餌を食べたけど、全然平気だった」

「お菓子の取り合いは日常茶飯事」

というような内容を拝見することがあります。

だからといって、あなたの赤ちゃんとワンちゃんに当てはまるかは、別問題。

重大な事故が起こってからでは遅いのです。

誤飲はもちろんのこと、

抵抗力が弱い赤ちゃんとワンちゃんとの生活には、

十分に注意を払うことが必要です。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする