ベビー服の洗濯にお風呂の残り湯を使うときに守りたい5つの注意点

お風呂の残り湯、

そのまま捨てるのはもったいなかったりしますよね。

節約のためにも大人の洗濯に

残り湯を使っている方も多いかと思います。

大人の洗濯はいいけれど。。。

・ベビー服の洗濯って、残り湯を使っても大丈夫?

・赤ちゃんの物と大人の物、一緒に洗っても大丈夫?

・何か注意点って、あるの?

そんなベビー服の洗濯の疑問に、お答えします。

赤ちゃんのお世話で大変な時期。

だんだんお金もかかるようになっていくし、

残り湯を活用して

少しでも節約が出来たら嬉しいですよね。

お風呂の残り湯は赤ちゃんの洗濯に使える?

お風呂の残り湯をベビー服に使うことについて、

以下の3つをまとめてみましたので、

参考にしてください。

・赤ちゃんと大人の洗濯物は一緒でも大丈夫か

・お風呂の残り湯は、ベビー服の洗濯に使えるか

・残り湯を使う時の5つの注意点

赤ちゃんと大人の洗濯は一緒でも大丈夫か

赤ちゃんと大人の洗濯物をわけるのは、

特にいつまでという決まりはありません。

生後一か月を過ぎたあたりから、

大人の分と一緒に洗濯をしているママが多いようです。

あまり神経質に分ける必要はありませんが、

1歳位までは、気を付けてあげてくださいね。

赤ちゃんと大人の洗濯物を分けたほうが良い時

・赤ちゃんの服を水通しする時

・大人の服の汚れがひどい時

・大人の新しい服を洗う時

上記3つに当てはまる時は、

赤ちゃんと大人の洗濯物をわけて洗濯しましょう。

大人の新品の衣類には、

加工に使われているホルムアルデヒドが

付着している可能性があり、

肌の炎症や湿疹の原因となってしまう恐れがあります。

ホルムアルデヒドは

他の衣類から移りやすくて水に溶けやすいので、

わけて洗う事で、赤ちゃんの服に

付着することを防止できます。

洗剤も柔軟剤も、すすぎ洗いを徹底してくださいね。

お風呂の残り湯は、ベビー服の洗濯に使えるか

赤ちゃんの服を洗濯する時、

お風呂の残り湯は使っても大丈夫です。

常温の水道水よりも水温が高いため、

汚れ落ちがよくなることもあります。

洗剤が入っている「洗う工程」では

残り湯の雑菌について、

心配する必要はありません。

ただし「濯ぎの工程」では、

残り湯は使用しないでください。

もしも心配なようでしたら、

除菌効果のある「酸素系漂白剤」

を併用しても良いでしょう。

ベビー用の酸素系漂白剤もあります。

残り湯を使う時の5つの注意点

残り湯を使うときは以下の5つの注意しましょう。

・目に見えるゴミ等は取り除く

・入浴剤を入れない。もしくは洗濯にも使える入浴剤を使用する

・濯ぎは必ず水道水でおこなう

・残り湯を使うなら、その日のうちに

・直接汲まずに、専用ホースを利用する

目に見えるゴミ等は取り除く

髪の毛やゴミなど拾えるものは、

取り除いてから使用してください。

入浴剤を入れない。もしくは洗濯にも使える入浴剤を使用する

入浴剤の入った残り湯を使用すると

においや色がうつってしまう場合があります。

長時間つけたままにはしないでください。

濯ぎは必ず水道水でおこなう

濯ぎに残り湯を使うと、

雑菌を残してしまうことになります。

必ず水道水で濯ぎをおこなってください。

残り湯を使うなら、その日のうちに

一晩経つと、残り湯の中の雑菌は

何倍にも増えてしまいます。

赤ちゃんの服を洗う場合は、

必ずその日のうちに使いましょう。

ただお湯が熱すぎると、

洋服が色落ちしてしまう可能性があります。

ぬるま湯程度まで冷ましてから、

洗濯に使用しましょう。

直接汲まずに、専用ホースを利用する

専用ホースにはフィルターがついているものが多いです。

残り湯の汚れを減らし、

直接汲むよりも綺麗な状態で洗濯ができます。

スポンサーリンク

まとめ

残り湯は、節約という意味でも、

効率よく使得るといいですね。

残り湯に雑菌がいることは、事実です。

でも、注意点を守って使用すれば

特に問題はありません。

洗剤には洗濯物の汚れを落とす効果がありますが、

除菌効果なども含まれています。

メーカーによっても変わってきますが

洗濯物を約7キロとした場合、

使う水量は50リットルほどになります。

この量で一日一回洗濯をすると、

1回につき12円になり、

年間で約4000円の節約になります。

一日一回の洗濯でこの金額になるので、

洗濯物の多い赤ちゃんのいる家庭では、

さらに節約できることになります。

残り湯を上手に活用して、

無理なく節約していきましょう。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする