【生後9ヶ月】ストローで上手に飲めない赤ちゃんが変身!簡単な3つの練習方法

お子さんの成長について、

こんな悩みはありませんか?

・9か月になるのにストローを吸えない

・周りの子は吸えてるのに、うちの子はどうして吸えないんだろう?

・ストローが使えるようになる時期は、いつ?

・どうやったら、吸えるようになるの?

ストローが使えたら、水分補給にも便利ですよね。

早く上手にストローを使えるようになってくれたら、

そんなママも多いともいます。

今回は赤ちゃんのストローの練習方法について、

わかりやすく書いていきます。

赤ちゃんの練習に、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんはどうやったらストローが使えるようになるの?

赤ちゃんにうまくストローを使ってもらうために、

以下の3つを読んでみてください。

・ストローが使えるようになる時期

・ストローの3つの練習方法

・ストロー練習時の注意点

ストローが使えるようになる時期

赤ちゃんがストローを使って

一人で飲む練習が出来るのは、

唇で食べ物を挟めるようになる、

生後8か月位からです。

ストローは哺乳瓶とは異なり、

寝ながら飲むことは出来ないので、

お座りがある程度安定してからが良いでしょう。

ここがまずストローの練習を始める、

タイミングになります。

生後9ヶ月でもおすわりが不安定なようなら、

もう少し待って上げてくださいね。

また、哺乳瓶でミルクを飲みなれている赤ちゃんは、

ストローで飲むのが上手な子が多いです。

これはストローに移行する前に、

「スパウト」と呼ばれる乳首とストローの中間のような

飲み口で飲んでいることが多いから。

スパウトを使っている場合は

赤ちゃんに吸う力がついているので、

ストローにスムーズに移行しやすいのです。

もし可能なら、スパウトでまずは練習してみて、

吸う力をつけるのも良いかもしれませんね。

ストローの3つの練習方法

ストローを練習するには、以下の3つを試してみてください。

・ストローに慣れる

・嫌がるようなら好きなものをつけたり、見本をみせる

・紙パック飲料を使って練習

ストローに慣れる

まずは赤ちゃんにストローをくわえてもらい、

偶然にでも吸うことができるかどうかを、

試してみてください。

出来ないようだったら、

はじめの2週間位は赤ちゃんの目の前で、

ストロー容器から直接スプーンですくって、

飲ませてあげましょう。

容器の中にスプーンで飲んだものが入っている、

ということを、赤ちゃんにわかってもらう事が重要です。

嫌がるようなら好きなものをつけたり、見本をみせる

ストローを口に入れることすら嫌がる赤ちゃんもいます。

そんな時には赤ちゃんが好きな飲み物を、

ストローの先につけて舐めさせてください。

ストローを口に入れる不安を少しずつなくしてから、

ストローを使った練習をしましょう。

ママが目の前でストローを使って、

飲み物が吸い込まれる様子が見えるようにするのも

オススメです。

紙パック飲料を使って練習

なかなか吸い込めない場合は、

紙パック飲料を使ってみてください。

紙パック飲料のストローを赤ちゃんにくわえさせ、

側面を軽く押してみましょう。

はじめはビックリして吐き出してしまうこともありますが、

ストローから飲み物が出てくることがわかり、

少しずつ慣れていきます。

ちなみに紙パックは麦茶がおすすめです。

ストロー練習時の注意点

ストローの練習をするときは、

以下の点に注意してください。

・絶対に目を離さない

・むせたら間をあける

・中身はこまめに交換する

絶対に目を離さない

赤ちゃんがストローの練習をする時は、

必ず目を離さずに見守っていてください。

大人用のストローを喉に押し込んでしまったり、

先が尖っているものもあるので、

目を離した隙に思わぬ怪我につながる恐れもあります。

むせたら間をあける

赤ちゃんのうちは、水分が気管に入っただけでも、

危険な事があります。

慣れないうちは少量からはじめ、

むせたら少し間をあけましょう。

中身はこまめに交換する

ストローマグで飲む場合、

中身はこまめに交換しましょう。

夏などの暑い時期はストローマグの中にも

雑菌が沢山繁殖してしまいます。

それを一緒に飲み込んでしまうと、

赤ちゃんがお腹を壊してしまうこともあります。

飲むペースがゆっくりで中身が残っていたとしても、

1時間を目安に交換してあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの成長には個人差があり、

9ヶ月でもストローを使うのが苦手な子はたくさんいます。

焦らずに赤ちゃんのペースでゆっくりとサポートしてあげると、

ふとした瞬間に飲むことができるようになっています。

練習する時は濡れるかもしれないことを想定して、

エプロンをつけたり下にシートを敷いたりして、

ママの片づけの手間を減らしてからおこなうと、

ママのストレスの軽減にもなります。

ストローの練習を通してコミュニケーションを取る事も出来るし、

これから赤ちゃんが沢山の事に挑戦していく時の

教え方の「コツ」のようなものも、つかむことができるようになります。

焦らずコツコツ、親子で楽しい練習時間にしていきましょう。

    

赤ちゃんのおもちゃは買うより借りる時代って知っていますか?

子供が生まれると、少しずつおもちゃが増えてきますよね。
出産祝いでいただいたり、おさがりでいただくこともあると思います。

ただ、必ずしもお子さんに合っているとは限りませんし、毎日お子さんと接している親御さんだからこそ、「こんなおもちゃを買ってあげたいな」というのも出てくると思います。

また、今は「知育玩具」と呼ばれるものもたくさんありますよね。
赤ちゃんやお子さんの月例に合わせた知育玩具は、想像力を養ったり、知力の向上にもつながるといわれています。

小さいときはものすごいスピードで脳が成長するときですから、親としては「頭の良い子に育ってほしい」なんて思うこともあると思います。

かく言う私もその一人でした。
おもちゃを買ってあげたいけど、どうせなら知育になるようなものがいいなとお店で見たりネットでもいろいろ探しました。

ただ単にキャラクターの何かより、頭や手を使って遊べるものがいいなと。
けれどひとつ問題が・・・

知育玩具ってなかなか高価なんです。
しかも買って実際に使ってみないと、子供が気に入るかとか、役に立つとかはわかりません。

買ってみたけど使わないおもちゃは、その時もすでにあったので、知育玩具の購入には少し躊躇していたんです。

そんな時見つけたのが、おもちゃのレンタルサービスです。

「おもちゃってレンタルできるんだ!」と単純に喜んだのですが、
これが実際に使ってみると予想以上に良かったんですよ。

私が実際に使ってみたメリット・デメリットは以下の通りです。

・買うと高い知育玩具もレンタルなら定額制なので気にせず使える
・持っているおもちゃはリストから外せる
・子供が気に入るか、実際に使ってみてどうか買う前に試せる
・購入したおもちゃは簡単には捨てられないけど、レンタルなら気軽に返せる
・大き目のおもちゃでも、レンタルだと返すだけで場所を取り続けない
・子供が大きくなったら、成長に合わせておもちゃを変えられる
・本当に気に入ったものはお得な価格で買取もできる

逆にデメリットは、

・新品のおもちゃばかりじゃないので、使用感が気になる人には向かない
・ずっと大事におもちゃを使いたい人にはあまり向かない

こんな感じです。

あと個人的な話ですが、私は片付けがあまり得意じゃないので、
良いおもちゃを少しだけ置いて、あまり増やしたくないので助かってます。
知育玩具ってデザインもよいので、部屋に出しておいても気にならないんですよね^^

もしも使わないお子さんの成長に役立つような知育玩具を検討していたり、
私のように値段に躊躇して購入しようか迷ってい、試してみる価値は十分ありますよ!

私のおすすめの知育玩具レンタルは以下のところです。

 

知育玩具レンタルのトイサブ

トイサブ

月額税込み3674円で送料も無料です。

ひとつだけ気に入ったらものがあればそれだけを延長で借りれますよ!

⇒トイサブ公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キッズ・ラボラトリー

有名ブランドの知育玩具があり・なし

交換時期を選べるなど2つのプランがあります。

⇒キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子育てには長いことお金がかかりますから、おもちゃは賢くレンタルしてお子様の成長に役立ててみてください。

長い目で見ると節約にもつながりますし、その分貯金なども回せます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする