首すわりと寝返りはどっちが先でもOK!でも窒息の危険は4つのコツで回避

生後3か月頃を過ぎると、

手足をばたつかせることが

好きな赤ちゃんもでてきます。

なかには、まだ首がすわっていないうちから

盛んに動き、寝返りをうちそうな赤ちゃんもいます。

そんな姿を見ると、不安なママもいますよね。

・首すわりと寝返りは、どっちが先?寝返りを打っても大丈夫?

・首すわり前から寝返りをうちそうな赤ちゃんの3つの特徴

・首すわり前の赤ちゃんの寝返り対策に使える4つの事

首すわり前の赤ちゃんの動きで

心配なママが知っておくと

安心な事を下記でご紹介します。

首すわりと寝返りは、どっちが先?寝返りを打っても大丈夫?

赤ちゃんはまだ、思うように体が動かせるわけではありません。

育児本や発達の目安表などでは、

首すわりと寝返りでは、

首すわりが先と紹介されていることが多いです。

これは、思うように動けない赤ちゃんの第一の動きが、

ママの声や音がする方へ顔をむけることだからです。

そのため、首の動きがまず発達していくと考えられます。

しかし、どっちが先かは、

赤ちゃんの環境や個性にもよります。

赤ちゃんの成長は、その赤ちゃんそれぞれです。

そのため、どっちが先だとしても、

その先の成長に支障があることはありません。

いずれはどちらもできるようになりますから

安心してください。

スポンサーリンク

首すわり前から寝返りをうちそうな赤ちゃんの3つの特徴

「うちの子は、どっちが先になりそうかしら?」

と気になりますよね。

実は、首すわり前から寝返りをうちそうな

赤ちゃんを調べてみると、

いくつか特徴があるようです。

また、寝返りを打ちやすいタイミングもあるのです。

1.赤ちゃんの筋肉が、首より下半身の方が先に発達している時

足をよく動かしている赤ちゃんは、

首の筋肉が安定するよりも先に、

足に筋肉がつきやすいです。

・キックを盛んに行い、頭がずりあがっていく

・左右に足をバタバタさせている

・よく動く

このような様子が盛んにみられる赤ちゃんは、

首がすわるよりも早く寝返りをするかもしれません。

2.頭が少し大きめの赤ちゃん

通常、赤ちゃんは、頭が大きく体の方が小さいです。

しかし他の子よりも少し頭が大きいとその分、

頭や首を動かすのが大変です。

結果的に、首を動かす頻度と比べて、

体を動かす方が多くなり、

寝返りの方が早くなることがあります。

3.過ごしやすい季節や薄着の時

首がすわっていない赤ちゃんが寝返りをするのは、

たいてい下半身を動かしている反動でひっくり返る、

というパターンが多いです。

そのため、動きやすい薄着の時や、

布団などがかけられていない身軽の時などは、

注意が必要です。

赤ちゃんが動きやすく、

寝返りも起きやすい傾向があります。

首すわり前の赤ちゃんの寝返り対策に使える4つの事

まだ、首がすわっていない赤ちゃんは、

寝返りを打っても仰向けに戻れるとは限りません。

ママが寝ている時に寝返りを打って

窒息してしまったらどうしようと不安になりますよね。

そこで寝返り対策に使える4つのポイントをまとめました。

1.適度な硬さの布団にする

顔が埋もれるくらいのふかふかの

布団の上に寝かせると、寝返りした場合、

窒息の危険性があります。

また、声が布団にくぐもって

うめき声や鳴き声に気づかない可能性もあります。

寝返りしたとしても赤ちゃんと布団の間に

隙間ができるくらい、適度な硬さの

マットを使うことをお勧めします。

2.頭の周りに物を置かない

この時期の寝返りは、赤ちゃんの動きの

反応や勢いで向いてしまうことがほとんどです。

何かの拍子におもちゃやタオルに

顔をうずめてしまっても、

手で払いのけることはできません。

寝返りをうっても戻れない

赤ちゃんの危険を減らすためにも、

頭の周りには何も置かないようにしましょう。

3.寝返り防止のグッズを使用

目を離したすきに寝返りを打ってしまうことを

防止するのもひとつの対策です。

寝返り防止グッズとして、クッションや枕、

ベルトなども有効です。

ただし、足まわりが元気な赤ちゃんは、

頭からずりあがり、

グッズに顔をうずめてしまうことも。

かえって危険な場合もあるので、

赤ちゃんの動きにあったアイテムを選んでください。

4.縦抱きや首の運動を行い、首の筋肉をつける

首がすわってくると、寝返りをうっても、

自分で顔の位置を変えられるので、

窒息のリスクを下げることができます。

そのため、首の筋肉をつけるために、

縦抱きでの抱っこや運動を積極的に

行っていくことをお勧めします。

長時間は、赤ちゃんの首や背中に負担がかかります。

赤ちゃんの様子をみながら、徐々に取り入れていきましょう。

まとめ

赤ちゃんは、日々成長していきます。

昨日にはできなかった動きも、

思いもよらないうちにできるようになります。

首すわりと寝返り、どっちが先でも

赤ちゃんの成長には変わりはなく、

自然なことです。

ただし、思わぬ事故を招かないように、

その赤ちゃんの成長スピードにあわせた

対策をしてくださいね。

    

お子様のための貯蓄や学資保険もう始めましたか?

子供ができると、今までよりお金のことがとても気になりますよね。

今はまだ小さいけれど、この先どれくらいかかるのか?

どれくらい用意しておけばいいのか?

私もとても不安でした。

そんな時、先輩ママ友に「子供が小さいうちにしっかり貯めておかないと、これからどんどんお金がかかるようになって大変だよ」と言われたんです。

幼稚園に行く頃になると、習い事が増えたり、小学生になると塾へ通うようになったり・・・

まだ自分の子供が赤ちゃんだったので、想像はできなかったのですが漠然とした不安がわきあがってきました。

そこで、学資保険をいろいろ調べてみることにしたんですね。

せめて学費くらい貯めておけたらいいなと思って。

ところが、資料をいくつか取り寄せても私に理解能力がないのか「で、結局どこがいいの?」と全然わからなくて。

ママ友に聞いても、パパの年収や兄弟の数も違うので、参考にならなかったんです。

学資保険を選ぶのって、思っていたよりずっと大変

 

そんな時、保険見直しラボと言うところを見つけました。

よくある保険の相談ができるところなのですが、自宅にファイナンシャルプランナーが来てくれるんですね。

うちの子はぐずると手がつけられないほど泣くこともあるし、近くに保険が相談できるところもなかったので、家に来てくれるところがとても助かりました。

また、相談に乗ってくれるのは、保険屋さんではなくファイナンシャルプランナーと言う点もメリットでした。

保険屋さんだと、どうしてもその会社の商品を勧められますが、ファイナンシャルプランナーだと、たくさんある保険会社から、最適なものを選ぶことができます。

また驚いたのは、その説明のわかりやすさ!

 

理解能力のない私でもすごくわかりやすかったし、なんと我が家はパパの保険も一緒に見直すことで、9000円弱も保険料が安くなったんです(*゚▽゚*)

その浮いたお金を学資保険に回したことは言うまでもありません。

おかげで、予定してたより負担も増えずに、子供のための準備ができるようになりました。

もし、まだ学資保険に入っていなかったり、将来へ向けて貯蓄できるか心配がある場合は、保険見直しラボに相談してみるといいですよ!

(知らない人が家に来るのが苦手なら向きませんが)

今の家計の状態もよく分かりますし、お金がどれくらい用意できればいいのか、そのためにはどの保険がいいのかなど、とてもよくわかります。

うちは二人目もすぐに考えているので、そのためのシュミレーションもしてもらいました。

保険って誰に相談すればいいのかよくわからかったですが、案外気軽に相談できて、我が家に一番お得な方法も教えてもらえて、特した気分です。

何より、将来の不安が減ったのがとても良かったですよ♪

もちろん、相談は無料です^^

 

⇒ 保険見直しラボで将来の安心を相談してみる

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする