授乳クッションて必要?いつまで使う?卒乳後の意外な使い方とは

授乳クッションについて、このようなお悩みはありませんか?

・授乳クッションは、購入しておいた方がよい?いつから使える?

・授乳クッションはいつまで使える?

・卒乳後の授乳クッションの他の使い方は?

授乳クッションの購入をお悩みの

妊婦さんや新米ママに、

授乳クッションのメリットや

使用時期をまとめましたので、

参考にしてみてください。

授乳クッションは購入するべきか迷う主な3つの理由

・価格が高い

・使える時期が短く、授乳の時だけしか使えなさそう

・大きいので場所をとる

上記のような事が、購入を迷うポイントではありませんか?

授乳クッションは、普通のクッションと比べて

平均3000円~1万円程度と高く感じます。

授乳の時しか使用しないと考えると、

わざわざ購入する事をためらいますよね。

また、授乳クッション独特の形の

三日月型(英語のC)のような形は、

しまうにもかさばるものです。

いつまで使えるのかを考えるとやめておこうか・・・

となるケースも多いでしょう。

スポンサーリンク

授乳クッションが便利な3つの理由

・赤ちゃんの高さや位置を調節できる

・ママの手首や肩、腰への負担が減る

・授乳姿勢がキープできるため、赤ちゃんも安定しやすい

最大のポイントは、ママと赤ちゃんにとって、

ストレスなく授乳するための1つの選択肢ということ。

特に初めてのママは、

赤ちゃんにうまく授乳できているか

不安になることも多いでしょう。

授乳クッションがなくても、

もちろん授乳は可能です。

ただ、想像以上に赤ちゃんの位置をキープし、

飲ませ続けることは大変。

そういった時に、疲れを軽減できる

アイテムとしては非常に有効的です。

早ければ3ケ月頃、遅いと卒乳まで使う授乳クッション

授乳クッションはいつまで使用するのでしょうか。

・赤ちゃんの首が座り始める4ヶ月頃まで

・おすわりできるようになる7か月頃まで

・卒乳する2歳ごろまで

上記のように、赤ちゃんによっても様々です。

授乳に特化したクッションですから、

へたれないかぎり、断乳や卒乳時期まで

使う方もいます。

ただし、赤ちゃんが大きくなるにつれ、

サイズや高さが合わなくなったり、

必要がなくなることもあります。

離乳食が始まる5~6か月頃になってくるタイミングで

使わなくなる方も多くいます。

いつまで使うのかは、赤ちゃんとママ次第です。

授乳クッションをいつまで使うか、と同じくらい大事なこと

新生児の頃は、特に1日に何度も授乳します。

授乳姿勢は、ママにとって意外と

体に負担がかかりもの。

またママが安定した姿勢を取りつづけないと、

赤ちゃんもうまく飲めません。

ちなみに、筆者は第1子の時にはクッションなしで

授乳しつづけた結果、手首が腱鞘炎になりました。

整形外科で痛み止めの注射を打った経験から、

第二子出産時は、出産前から

授乳クッションを購入、使用しました。

クッションのおかげで、授乳姿勢が安定し、

肩や手首の痛みはなく、とても楽でした。

いつまで使えるのか、ということも大事ですが、

授乳のたびに使う、と考えると

使用する頻度は高いです。

卒乳後の授乳クッションの他の使い方は?

アイテムによっては、授乳クッションとしてだけでなく活用できるものもあります。

・赤ちゃんのお座りのサポートクッションとして

・ママのお昼寝用クッションとして

・抱き枕になるタイプ

授乳だけの用途で終わってしまうのは

もったいないと感じる方は、

こういった複数の使い方ができるタイプを

探してみるのもよいかもしれません。

まとめ

授乳クッションの購入でお悩みの方、

その使用メリットやいつまで使用するのか、

わかりましたか?

筆者は、授乳クッションのおかげで、

授乳の疲労がたまることが減りました。

ただし、必要なかったと感じるママもいらっしゃいます。

赤ちゃんとあなたに合うかどうかは、

使用してみないとわかりません。

実はこの授乳クッション、

産院や大手ショッピングモールの

授乳室などでは、

用意されていることがほとんどです。

そういった場を利用してみるのも一つの手です。

購入を迷っている方は、試してみてくださいね。

    

お子様のための貯蓄や学資保険もう始めましたか?

子供ができると、今までよりお金のことがとても気になりますよね。

今はまだ小さいけれど、この先どれくらいかかるのか?

どれくらい用意しておけばいいのか?

私もとても不安でした。

そんな時、先輩ママ友に「子供が小さいうちにしっかり貯めておかないと、これからどんどんお金がかかるようになって大変だよ」と言われたんです。

幼稚園に行く頃になると、習い事が増えたり、小学生になると塾へ通うようになったり・・・

まだ自分の子供が赤ちゃんだったので、想像はできなかったのですが漠然とした不安がわきあがってきました。

そこで、学資保険をいろいろ調べてみることにしたんですね。

せめて学費くらい貯めておけたらいいなと思って。

ところが、資料をいくつか取り寄せても私に理解能力がないのか「で、結局どこがいいの?」と全然わからなくて。

ママ友に聞いても、パパの年収や兄弟の数も違うので、参考にならなかったんです。

学資保険を選ぶのって、思っていたよりずっと大変

 

そんな時、保険見直しラボと言うところを見つけました。

よくある保険の相談ができるところなのですが、自宅にファイナンシャルプランナーが来てくれるんですね。

うちの子はぐずると手がつけられないほど泣くこともあるし、近くに保険が相談できるところもなかったので、家に来てくれるところがとても助かりました。

また、相談に乗ってくれるのは、保険屋さんではなくファイナンシャルプランナーと言う点もメリットでした。

保険屋さんだと、どうしてもその会社の商品を勧められますが、ファイナンシャルプランナーだと、たくさんある保険会社から、最適なものを選ぶことができます。

また驚いたのは、その説明のわかりやすさ!

 

理解能力のない私でもすごくわかりやすかったし、なんと我が家はパパの保険も一緒に見直すことで、9000円弱も保険料が安くなったんです(*゚▽゚*)

その浮いたお金を学資保険に回したことは言うまでもありません。

おかげで、予定してたより負担も増えずに、子供のための準備ができるようになりました。

もし、まだ学資保険に入っていなかったり、将来へ向けて貯蓄できるか心配がある場合は、保険見直しラボに相談してみるといいですよ!

(知らない人が家に来るのが苦手なら向きませんが)

今の家計の状態もよく分かりますし、お金がどれくらい用意できればいいのか、そのためにはどの保険がいいのかなど、とてもよくわかります。

うちは二人目もすぐに考えているので、そのためのシュミレーションもしてもらいました。

保険って誰に相談すればいいのかよくわからかったですが、案外気軽に相談できて、我が家に一番お得な方法も教えてもらえて、特した気分です。

何より、将来の不安が減ったのがとても良かったですよ♪

もちろん、相談は無料です^^

 

⇒ 保険見直しラボで将来の安心を相談してみる

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする